2011-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚図の谷垣よ、少し遅すぎる

谷垣よ、今頃になって何故八ッ場ダムを言出すのだ。遅過ぎだ。前原が国交大臣の時に言っていれば良いのに。

 

貴様は愚図の典型だ。政治家としては失格だ、況して総裁として政党を率いる事など全く無理だ。

まあ、八ッ場ダムの事は言わないよりは言った方が良いと言う程度だな。

 

同じダムならは小沢の諸悪の財布である胆沢ダムの中止を言いつのれ。その中止と原状復帰に掛る諸費用も全部を悪人小沢に出させろ。

 

胆沢ダムを中止に追い込んだならば世人は谷垣を見直すであろう。

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

何とも薄っぺらな平安末期の歴史歪曲

もういい加減にしてくれ。
 
清盛の童子の頃の姿で何故にこんな貴公子然としているのか。
作品を書いた者が学生ならもう少しはよく歴史を考えて書け、小学生でもあるまいに。こんな絵を選んだ選者も同様である。
 
清盛は長じた青年時代でも「伊勢瓶子は酢瓶なり(伊勢平氏は眇なり)」と貴人より蔑すまれ揶揄されていたのであり、況して幼少期の頃は下人同様の侍であり、貴人に候う者の子供であって、このような貴公子の格好をする訳がない。こんな育ちの良い薄っぺらな坊ちゃんでは独力で貴族にのし上がって権力を掌中にするのは至難であろう。
 
このような有様ではNHK劇中でも名前を呼ぶときは恐らく清盛様・重盛様・時子様、義朝様・頼朝様 などと諱で呼び合う事であろう。
 

嗚呼、嫌だ。

 

 

 

 

 

何とも薄っぺらな平安末期の歴史歪曲 »

今度こそ近衛部隊と名乗れ

最新の対テロ装備を持ち訓練した精鋭部隊を都心に置くならば、下らない名称の「何とか集団」ではなく、伝統的な『近衛』大隊(数百人ならば)と名付けよ。

 

これこそ、こう言う名称なるが故に、左翼やテロが攻撃対象とし易すく識別可能にしておけば逆に防御も容易で邀撃もし易いと言うものである。

更に此とは別に隠密別働隊を作るなら尚結構である。

 

それに世人も此の近衛大隊を名誉ある部隊と見る事であろう。

 

 

 

 

馬鹿産経、今年も『靖国参拝』と表記した

もういい加減にして呉れ。

 

産経は何時から極左連中の表記に馴らされて御仲間入りしたのだ。

 

『靖国神社参拝』であって『靖国参拝』ではない。

英霊は生前に「靖国神社で会おう」と言われたのであって、「靖国で会おう」などとは言われていない。

 

靖国とはそれなりの意味が有るもののそれは靖国神社を意味するものではない。私は寡聞にして「靖国で会おう」などと書かれた英霊の文を未だに読んではいない。必ず皆「靖国神社で会おう」である。

 

左翼が「神社」を省き、何とかして貶めようと「靖国神社」を「靖国」と呼捨てたのである。それを馬鹿共が尻馬に乗って靖国・靖国と左翼の意図も知らず書き綴り今に至っている。

過去十数年来このような事が続いている。特に今年は酷い。

 

恰も、明治神宮を明治と呼捨てているようなものである。実際に左翼がこう言っているのを聞いた事がある。

 

産経さん、いい加減にして下さい

少し前(十年)の貴社や他社の新聞の該当記事を読んで見てくれ。

 

 

 

 

 

文官が牛耳る防衛省で出来るのか

妄言もいい加減にしろよ。

 

大臣官房、防衛政策局、運用企画局 などには奥女中どもの文官しか居らず武官を外した所で何を決断決定するのだ。全く噴飯物である。

 

過日、東電原子力発電事故の緊急時の際に、文官が単なる面子のために勝手に空自航空隊に電話して社長の搭乗を取りやめさせたのは周知の通りである。文官が部隊を指揮したのである。

まあ楽団の事務員が指揮者を投出して自分がタクトを振ったようなものである。

 

文民統制を誤って文官統制と誤解して、此を奇貨とし自衛隊発足時から海原治や後藤田正晴などが本来の文官の仕事を全く歪な形にして来た。

 

内局の文官よ、本来文官でなければ出来ない事をやり、武官の分野に容喙するな。

 

文官は事務次官以下全てに於いてその職位に文官が至当か否かよく検討し大多数を武官に替えてからにして貰いたい。

此を病院に喩えれば事務員があそこを手術せよ・ここを検査せよ・あの薬を処方せよ等口出しするような物である。

文官の最高位は事務次官補代理、程度に引下げ大多数の上級事務員を武官に変更せよ。

 

 

 

 

 

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
386位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。