2015-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画にやっと北鮮拉致の話が並んで出て来た

何だ
 
後藤さん、後藤さん、後藤さん

ばかりだ



湯川さんは助けなくても良かったのか

見殺しにされた湯川遥菜さんの存在を無視するな


自己責任で入国した後藤健二さん

拉致された横田めぐみさん、他数百人を放置し

おかしくないか


I AM KATOU

加藤達也前支局長はどうした

もっと騒げ



               




スポンサーサイト

政府批判報道にかき消されたもう一つの民意

中国が尖閣に迫るのも無視し沖縄メディアは騒いでいるが、
米軍基地の責任から逃れ沖縄振興費だけ欲しがるのは虫がよすぎる」ー 前名護市長

こう云う言う正論が何故か聞こえて来ない
此等の声を拡散しよう



沖縄振興費減額 政府批判報道にかき消されたもう一つの民意 兼次映利加氏
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150129/plt1501291140002-n1.htm

 2015年度予算案の沖縄振興費は、前年度比4・6%減の3339億円に減額された。菅義偉官房長官は「繰り越しが発生しており、精査したうえで予算編成を行った」と説明するが、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する沖縄県の翁長雄志知事をけん制する狙いもチラつく。沖縄メディアは猛反発しているが、県民も同じ考えなのか。沖縄出身のジャーナリスト、兼次映利加(かねし・えりか)氏が、沖縄メディアが取り上げない民意に迫った。

 沖縄振興費は大きく、(1)一括交付金(2)那覇空港滑走路増設事業(3)沖縄科学技術大学院大学(4)その他の事項-に分けられる。沖縄メディアは閣議決定前から、減額方針や翁長氏への姿勢について政府批判を続けていた。

 沖縄タイムスは1月9日の社説「続く沖縄冷遇」で、「理不尽な対応や民意を踏みにじる差別的手法に対して政府不信を募らせることはあっても、屈することはない」とした。

 琉球新報は12日の社説「辺野古資材搬入作業中止し民意直視せよ」で、「安倍政権は移設作業を直ちに中止し、県民の代表たる知事との対話に応ずるべきであり、県民を出し抜くような恥ずべき行為をこれ以上繰り返してはならない」と命令口調で論じた。

 14日の閣議決定後も、「露骨な反翁長への態度」(沖縄タイムス、15日)、「辺野古移設に反対する翁長雄志知事をけん制」(琉球新報、15日)などとしたが、沖縄県民はどう考えているのだろうか。

 かつて辺野古移設を受け入れた島袋吉和前名護市長は「冷遇には当たらない。(中国が強奪を狙う)尖閣諸島の危機感もなく、地元メディアは書き立てているが、東アジアの平和や安定、日米同盟堅持の観点からも沖縄は要所である。日本の防衛は沖縄が担っているにも関わらず、その責任から逃れて、予算だけを主張するのは虫がよすぎる」と語った。

 一般財団法人「沖縄公共政策研究所」の安里繁信理事長(シンバホールディングス会長)は「沖縄はこれまでも特段の配慮をいただいてきた。地元メディアは国家の置かれた現状を知り、常識的な判断をするべきだ。予算をせがむばかりでは筋が通らないうえ、他府県民にも示しがつかない」と語った。

 両氏に共通したのは「基地と振興(予算)は別物ではない」という思いだ。政府は「基地と振興はリンクしない」と言い続けてきたが、沖縄の置かれた特殊な立場を考えると、実際には分けることはできない。

 世界で初めて養殖サンゴの移植と産卵を成功させた「海の種」(沖縄県読谷村)の金城浩二社長は「地元メディアの報道は先輩・世代の恨みつらみの延長だ。戦争を経験した先輩たちが盛んに基地反対を唱えるのは、ある意味しようがないが、若い世代はそれになびいてはいけない。そして、メディアの報道が真実なのか、読者が判断できないことも問題だ。もっとよく知り前を見るべきだ」と語る。

 国民・県民の生命と財産に関わる安全保障の問題は、イデオロギーや感情論で論じてはならない。メディアは幅広い沖縄県民の民意を取り上げるべきではないか。




福島瑞穂、官邸前で歌えや踊れのどんちゃん騒ぎ


「歌とダンスで、楽しく戦争反対」
官邸前イベント参加の福島瑞穂氏に「不謹慎」の声も

http://www.j-cast.com/2015/01/27226287.html

社民党の福島瑞穂前党首(59)が2015年1月26日、東京・永田町の首相官邸前で行われた「官邸前DISCO化計画」というイベントに参加したことをツイッターで報告した。

参加者の1人だった福島氏は、20時30分ごろツイッターでイベントの様子を写真付きで紹介。「官邸前で、歌とダンスで、戦争反対。沖縄の歌もでて、楽しく戦争反対」「議員会館前に、たくさんの人が集まりました。戦争法案を出させない」などとツイートした。

「世界平和を願い踊る」

公式ページや紹介記事によると、同イベントは連日のようにデモや抗議活動が行われている首相官邸前に「ポジティブなマインドを届けよう」という思いから計画された。「世界平和を願い踊る」ことを主旨としており、参加者は官邸前に設置されたDJブースから流れる音楽に合わせ、楽しみながら踊る。開催2回目だった今回は、フェイスブックページに200人以上が参加表明をしていた。

しかし、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質殺害事件の最中であることから、福島氏のツイッターには、

「同じ日本人、湯川さんが殺害されたかも知れないというのに『歌とダンスで楽しく』ですか」「驚きました。今、この日本の非常時に国会議員が楽しく?またその楽しそうな様子を公開するとは...」

などと「不謹慎」とみる人たちからの声がいくつも寄せられている。





     H2701251.jpg
          今が見頃に咲いている臘梅

テロ支援・テロ教唆議員に認定!!

おはようございますw(ニコニコ

新聞報道が全て正しいと仮定すると、汚ザーサイが言う「宣戦布告に等しい」も
ある意味正しいかと思います。戦火を逃れた避難民の窮状があっての安倍さんの人道支援と言う事なのでしょうが、水・食糧・宿舎のいずれも満足に与えられていない国にとっては「人道支援金」が「戦闘資金」に化けてしまう事もあるでしょう。

「消費税は全額福祉に使う」と国民を騙した財務省が、8%に挙げたとたんに「介護報酬の縮減」を言い出した。金に色が付いていませんからね。

これと同じ事になると仮定すれば、ある意味「宣戦布告」との表現は間違っていないのかも知れません。でもその事は触れてはいないのでしょう ?

アカヒ新聞でも書いていますよ。「簡素なテントで、心身ともに厳しい生活を強いられている。」と。

「イスラム国」から逃れて クルド系シリア人難民の15歳
※ http://www.asahi.com/articles/DA3S11569102.html

が、しかしwww

その論の前提が「後方支援、補給」の兵站と捉えていたならば、もういやはや
南友ですw 無知にも程があるw

テロ事件を利用して安倍叩きをしているだけですね。

「安倍さんがイスラム国に宣戦布告した ! イスラム国もテロで応戦しろ !」

こんな事を言っているに等しいと思いますw

テロ支援・テロ教唆議員に認定!!

| 2015-01-27 08:47 | causal | URL | 編集 |

テロ支援・テロ教唆議員に認定!! »

支那家畜人小沢一郎、左翼への侫言

こんな者が曾て日本の舵取りをして勝ち誇っていたのか

湾岸戦争でアメリカに1兆3千億円も只で貢ぎ、

日本の通信機仕様標準を米社モトローラ仕様に無条件で変更させた

千分の一がキックバックされても13億円である

此の金は何処へやったのか

検察幹部(法務省高級官僚)に接待着けで手懐けた手法は

親分の田中角栄の轍を踏まないようにと流石だな


満月の勢いの時は支那に子分共600人をも引き連れて

支那軍の忠良なる野戦軍司令官と宣言した

辺野古郊外宜野座村の高級別荘地・・・いい加減にくたばれ


小沢氏、共産党議員らピンボケ発言続々 人道支援と後方支援を混同…
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150126/plt1501261147002-n1.htm

「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件で、野党議員による仰天発言が続いている。安倍晋三首相による人道支援表明を軍事的な後方支援と混同したり、残虐非道なテロ行為より安倍政権を批判するなど、見識を疑われかねないものも多い。「利敵行為になりかねない」との指摘もある。

 「安倍さんが、イスラム国にとっては宣戦布告ともいえるような話をしたということですね」

 25日のNHK「日曜討論」。「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表から、耳を疑う発言が飛び出した。

 安倍首相はエジプト・カイロで行ったスピーチで、イスラム国対策として2億ドル(約236億円)の支援を表明した。これは避難民の命をつなぐ人道支援だが、小沢氏は軍事的な後方支援とごっちゃにして、「ご飯食べなきゃ、兵隊さんは戦争できませんから」「後方支援、補給が戦争そのものだということを国民は考えるべきだ」との持論を繰り広げた。

 共産党の池内沙織衆院議員は、湯川遥菜さんの殺害場面とされる画像がネット上に出回った直後の25日未明、ツイッターに「『ゴンゴドウダン』などと、壊れたテープレコーダーの様に繰り返し、国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権」「安倍政権の存続こそ、言語道断」と書き込んだ。イスラム国の蛮行への批判はなく、さすがに不適切だと思ったのか、同日中に投稿を削除した。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「国内で敵(=テロ集団)を利するような発言が出れば、相手は『やればやるほど日本国内に味方が増える』と考える。政権批判をするなら、事態が一段落してからにすべきだ」と話している。



小沢を通して2億ドルを供与するなら黙っているだろうな

Ⅰ割ほどを懐に

それとも小沢は命が怖くてアラビアまでには手が届かないか

何しろ、福島の原発事故が怖くて沖縄に雲隠れした御仁だから




  野戦軍司令官として支那共産党軍への支援時の経験からの感想のようだ  

発狂したか、売文業者と腑抜け元防衛官僚

これ程までに・・・落ちぶれたか

こんな奴が片や害毒を電波や文筆に振撒いて

片や国家の国防中枢の部署に事務屋としていた

気違いの二人、自分が死んで詫びよ!馬鹿!

岩上安身と柳澤協二よ、

自分が腹を切って命乞いをすれば二人は助かることもあるかも



沖縄はゆすりたかりの名人

アメリカに「ゆすりたかりの名人」などと言われたくないが

現実には沖縄はこんな馬鹿げた状態で推移している

心ある人の声が全然届かず破壊の方向に向かい

支那人の家畜人共が跳梁して

内地の馬鹿共も使嗾している

基地反対」という茶番劇 - 『沖縄の不都合な真実』
池田 信夫
(http://agora-web.jp/archives/1628782.html)

昨年の沖縄県知事選挙では「辺野古移設反対」を掲げる翁長雄志氏が勝ったが、彼は仲井真前知事が移設容認と引き替えに獲得した8年間で2.4兆円の補助金をよこせと政府に求めている。この論理は本土の人にはわからないだろうが、本書はそういう沖縄の屈折した利権構造を暴き出す。

「沖縄は戦争で犠牲になり、その後も基地の負担が集中してかわいそうだ」というのがマスコミの流すイメージだが、実際には米軍が土地を返還しようとすると反対運動が起こる。地元に賃貸料と補助金がおりなくなるからだ。

もともと辺野古移設は米軍の方針ではなく、1996年に橋本内閣が要望して実現した基地の縮小計画だ。これは基地反対の地元にとってはいいはずなのに、彼らはいろいろな理由をつけて20年近く引き延ばしてきた。すでに「北部振興費」として2000億円以上が辺野古の地元に前払いされ、引き延ばせば毎年、数百億円が地元に落ちるからだ。

といっても「補助金がほしいから移設を延期しろ」とは言えないので、地元の革新勢力は基地反対を叫び、保守陣営がそれを抑える見返りに本土から補助金を取る――という茶番劇が続いてきた。しかし革新が弱体化して芝居が続けられなくなったので、仲井真氏は「有史以来」の補助金と引き替えに、辺野古移設を認めた。

これに怒ったのが、地元の土建業者などの支配層だ。辺野古移設を認めると補助金を取るためのカードがなくなってしまうので、保守の翁長氏が革新陣営と相乗りし、仲井真氏の政府との約束を破ることを公約に掲げて選挙に勝ったわけだ。

ほとんどマンガ的ともいうべき戦後左翼の末期症状だが、補助金漬けの沖縄経済は衰退の一途をたどっている。補助金は県庁や土建業界を中心とする支配階級に集中するので、一般県民との格差は拡大し、沖縄の県民所得は全国最低だが所得格差は日本一だ。

反戦・平和を掲げる地元紙は、この茶番劇を盛り上げて補助金を引き出す体制の一環だ。こういう実情は本土のマスコミも知っているが、ネタの尽きた平和運動のシンボルとして沖縄を食い物にしている。それに乗せられるのが、大江健三郎氏などの無知な文化人だ。

沖縄が自滅するのは彼らの自由だが、これ以上むだな税金をつぎ込むのはやめるべきだ。本書も指摘するように、沖縄の海兵隊は長期的には縮小・撤退の方向であり、今から新しい基地を建設する必要はない。辺野古がいやなら普天間を使い続ければいいのだ。


【紹介】沖縄の不都合な真実(大久保 潤,篠原 章)



沖縄出身 海自・恵中尉


しゃきっとしろ混迷の日本

今日は三橋氏の動画のみ






やっぱり左巻市長の市役所仕事

札幌の成人式で日の丸小旗を強制的に取り上げてゴミとして処分する事案発生



支那や朝鮮の為に仕事をしているようだ



成人の日を祝う日章旗を回収、 札幌市北区役所に電凸




いい加減にしろ!

岡田克也が早速、朝鮮式握手

民主党は朝鮮式水飲・朝鮮式御辞儀
今度は党首が朝鮮式握手か
此の男何処まで腐っているらや
支那専門と思っていたがその内、
南鮮にイオンが大商売をするのか

それとも岡田は肘でも痛くて押さえているのかな


航空自衛隊を描く劇映画まで朝鮮式握手がある世の中だからなあ

日曜ドラマ「空飛ぶ広報室」での”朝鮮式握手”が話題に


やっぱり売国TBS



«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
322位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。