2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防衛省の事務員に望む

文官と武官との間に現状のような垣根がある事こそ異常であり、世界の非常識である。
いずれの組織でもそうであるが、多くの専門分野の人とそれを支える事務部門の人が適当に配置されて始めて機能する。
しかし、日本の国防軍(自衛隊)は全く奇形であり、何時までも組織出生の闇の中で呻吟している。

 

>部隊運用は制服組主体の統幕に加え内局の運用企画局が関与しているが

 

此はとんでも無い誤解で、『部隊運用は内局の背広人間の運用企画局が主体で 統幕や陸海空の三幕が僅かに関与しているだけ』が真相である。


未だに後藤田正晴や海原治などの国軍破壊の内務官僚の系譜に連なる連中が幅をきかせている。


今は流石に無くなったが、50歳後半の連隊長級の武官の説明報告を30歳前後の若造事務員が机に脚を載せて聞いている。
こんな歪はもう無いであろうが、それでも武官の提案説明に一度は「駄目」と否定するのが賢い事務官と言う伝統は否定し難たい。

 

小野寺五典閣下、此等は御存知あるまい。

 

外局の防衛装備庁を新設するそうであるが、此は多分、其の長以下殆どが事務員の職域確保だけに過ぎないだろう。現に東京北区の一敷地に三軍の各補給本部が置かれているが、更に此の上に何をしようと云うのか。
防衛装備庁長官や次長に自衛官を当てるなら多少は肯んじ得るが。

 

次に内局の運用企画局を廃止するそうだが、本当にそれで良いのか。


言葉を隠蔽するに「運用」とは自衛隊では「作戦」のことである。恰も砲兵を特科、工兵を施設科と言換えているのと同じである(少し前には戦車を特車と言っていた)。
此の運用企画局は昔で云えば陸海軍省の軍務局の一部や兵務局の一部であろうが、このの作戦企画纏めの要の軍政(軍令ではない)部局の全ての局長や課長に事務員を当てている事こそ最大の誤謬である。廃止などせず、局幹部全員に武官と入替える事が肝要である。

 

アメリカの謂う所の文民支配を文官支配と誤解してそれを奇貨として現在に至っているのである。まあ一川保夫の「素人だから文民支配」よりは幾らか増しではあるが。

 

更に更に不可解なのは、

文官を部隊に連れて来るとの事

それも17人も。
何故に我が国軍にソ連や中共の政治将校如きを配置しようと云うのか。
こんなのが部隊に来れば、先に述べた若造ではないが、上層部の意向を笠に着て師団長や参謀(幕僚)を差置いて作戦や戦術に容喙するのは明らかである。
悪しき伝統の嚆矢とならねば可いがと甚だ危惧する者である。

 

 

AUTHOR: iza0032 DATE: 08/31/2013 22:21:47 きゃ~湘太おにいはん、こう言う事だったの。 アタクシ少しはマシに改革されたのかとおもったのよ。 事務やがそんなに威張ってどうするのよ!怒あっほ! 自衛隊が溶けていきますね・・・文官事務やのセイで・・・誰がこんなデザインをしてるんでしょうね。ココにも反日官僚が跋扈してるんですね。 事務屋が威張ってる軍隊は聞いたことありませんね。 一日も早く明治憲法に戻して改正だわ!!!
スポンサーサイト

コメント

To shouta-2さん
>To iza0032さん
>
>>自衛隊が溶けていきますね・・・文官事務やのセイで・・・誰がこんなデザインをしてるんでしょうね。ココにも反日官僚が跋扈してるんですね。
>>
>>事務屋が威張ってる軍隊は聞いたことありませんね。
>>
>>一日も早く明治憲法に戻して改正だわ!!!
>
>全く仰る通りで、進駐軍がハーグ条約違反行為をして、此の憲法を押し付け、誰も条約違反の異議を唱えなかった。
>否、異議を申立てたと言う事実そのものも抹消させら、其の僅かな痕跡の残渣しか存在していません。
>あーあ。
ほんまにあぁ~です。
占領を引きずっての今日です。悔しいじゃありませんか!
だ 誰か・・・智慧ある勇者が憲法破棄宣言を!!!

EXTENDED BODY:

EXCERPT:

KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
322位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。