2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那防空識別圏無視は我が空軍が先で、米空軍は様子見だった

先般、支那が防空識別圏を勝手に設定して以来、我が国では各方面の人々が色々議論されて来た。
当初には、我が国の航空会社は日航・全日空ともいち早く飛行計画書を支那に提出して、その腰抜け振り腑抜け振りを日本のみならず全世界に披瀝してしった。
これで、両社並びに国土交通省関係は支那に対して卑屈にまでも低姿勢の姿を見せていたのである。


各報道機関は一様に米爆撃機B52が事前通報なしに支那防空識別圏を飛行したが
支那は空軍の緊急発進はしなかったと報じている。
例えば

中国防空識別圏 米軍爆撃機2機が飛行 事前通報なし

中国スクランブルなし他の報道機関も同様である。

田久保忠衛氏などは
「米国の決意」載せて飛んだB52
左右を問わず大方の人はそう取ったであろう。私もそう思った。

その中で奇妙な事で且つ重要な事象が欠落され議論して来た。
事前通報なしに支那防空識別圏を飛行した最初の航空機が本当に米軍だったか、と言う事である。
実は最初に支那の此の一方的な防空識別圏を無視し従来通りの姿勢を貫いたのは他ならぬ、我が空軍(空自)であったと言う事である。

日本の海軍・空軍(海自・空自)の武官は友好諸外国の武官を通じて此のような事は十分に承知していたであろうし、支那空軍戦闘機が未だ曽て緊急発進(スクランブル)をした事がない事をしっている。
ただ、武官と大臣又は外務省や首相官邸との間に事務員(内局事務官)が介在しており、直接会話を禁じられているため、防相も外相も首相も知らなかっただけである。

空自出身の訓示評論家。鍛冶俊樹氏の
事ジャーナル【11月27日号】中国空軍の敗北

これによれば本年初めロシア空軍との絡みで支那には既に動きがあったとの事である。

【引用始】
しかし中国が防空識別圏を設定するとなれば、中国が領有を主張している台湾や尖閣、そして韓国の一部も含まれることになる。設定を宣言した23日、中国の情報収集機が飛行し、そこは日本の防空識別圏でもあるから、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進し中国機に接近し監視した。
 言うまでもなく中国から見ると中国の防空識別圏を日本の戦闘機が飛行しているわけだから、中国の戦闘機が緊急発進して日本の戦闘機に接近して監視しなくてはならない。ところが中国の戦闘機は緊急発進しなかった。
 そもそも防空識別圏とは戦闘機が緊急発進する範囲を指す。戦闘機が緊急発進しない防空識別圏など何らの実効性を持たない、言わば絵に描いた餅でしかない。それを見た米軍はB52爆撃機を飛行させ、やはり中国戦闘機は発進せず、中国が宣言した防空識別圏は八方破れの陣となった。

 おそらく航空自衛隊のF15が緊急発進したのを見て中国空軍の戦闘パイロットは二の足を踏んだのであろう。中国にはJ10やJ11などF15に一応対抗できる機種はある。しかし稼働率が異様に低く墜落率が驚くほど高いと言われる。当然訓練も儘ならず、パイロットの練度も低い。
 一口にいえば、空自のF15が出撃した瞬間に中国空軍は敗北したのである。中国が防空識別圏を設定したとの報を受けても動揺せず通常の手続きに従って緊急発進した空自のパイロットや現場指揮官の勇気は称賛に値する。 これが民主党政権だったら、岡田幹事長みたいのが、中国を刺激するなとか言って緊急発進を中止させたに相違なく、そうなれば中国の防空識別圏は公式に承認されたものとなり、中国空軍は台湾、尖閣、韓国に勢力を広げていた。安倍政権は東アジアを救ったとも言えるであろう。

【引用終】

我が海軍・空軍の搭乗員は決死の思いであったろう。
何故ならば我が軍は敵に対しては警告するも発砲を禁じられているからである。発砲するには閣議決定を要するからである。
ここに12月23日の統合幕僚監部の公表文を掲げる。
我が軍は23日、米軍は25日(日本時間26日)である。
h2512041a.jpg
(拙文末にはその別紙を掲げる)


米軍はこれを見て漸く、安心して爆撃機B52を飛ばしたのである。それも肉眼でも見えるような巨大な重爆撃機を。
これはオバマの及び腰を反映しているであろう。

多分日本も総理周辺では「しばし待て」を下令するであろう。
しかし、我が国は幸か不幸か、内局事務員が介在するため「しばし待て」の命令が指揮官に達せられなかったのが真想ではなかろうか。
今回はこれは幸いした。


これから勘案するに、米国は米国の国益で動いており、爆撃機B52 の行動とべい航空会社の飛行計画の支那への提出とは矛盾する物ではないであろう。
べい副大統領バイデンの行動をこれによって見ると、随分とすっきりしたものとなる。

h2512042a.jpg
h2512043a.jpg
h2512044a.jpg
スポンサーサイト

コメント

そうでしたか・・・空自が先に

お兄様今晩は。

今日はいいお天気でした。

お兄様詳しくお調べいただいて・・・よく分かりました。
我が空軍がアメリカより先に飛行してたんですね。メディアは一切触れませんね。
触れたくないんでしょう。

内局事務員がモタモタもたついて・・・きゃ~・・・ざまぁみろ!・・・しかし、現場は緊張したことでしょう。

シナのハリボテ防空識別の緊急発進・・・お気の毒・・・威嚇するほどの能力もなく・・・チ~ン。

No title

お姉さん。

統合幕僚監部
http://www.mod.go.jp/js/
の「おしらせ」で
{11/23[公表]中国機の東シナ海における飛行について}
を読んだ時は何が何だかさっぱり分りませんでした。

バイデンが日本・支那の間で{危機管理システム」を構築してくれとの事ですが、これは尖閣をその中に繰入れて共同管理しようと言うのに等しい話です。

どうもオバマを初めとするアメリカ民主党は何かありそうですね。
日本の民主党もそうですけれど。

No title

共同管理?ゥム~・・・共同管理なんてありえないですわね・・・。
シナと日本の間で危機管理を・・・?変な話ですね。アメリカの言ってる尖閣は日本のお領土と言う話とは違いますわね。腑に落ちませんね。???

No title

どうも、この防空識別圏の話は奇妙な事がありますね。

日本より後で爆撃機を飛ばしたのにアメリカが最初のように報道されたり。

アメリカは民間航空機の飛行計画書を支那に提出させたり。

バイデンが防空識別圏の事をはっきり支那に拒否する姿勢を示さず、日支双方に玉虫色の事を言ったり。

ここで、自民党も少しは考えてもらいたい者です。

No title

湘太お兄様 フェリーシアお姉様おはようございますw(ニコニコ

素晴らしいエントリー、そして情報有難うございますw。

この情報はお兄様のブログでしか見る事ができませんね。

米国が日本の後塵を拝したと言う事ですね。

しかし「核兵器も搭載できるB52戦略爆撃機を飛ばしたと言う事で、シナを震え上らせた。」との記事を見ましたが、その指摘が合っているのか
どうかは、バイデン・習会談の結果で解かるのですね。注目ですw。

No title

あっ、「核兵器も搭載できるB52戦略爆撃機を飛ばしたと言う事で、シナを震え上らせた。」との指摘は別のブログで読みました。説明不足でした。
すんまソですw(ヒヤアセタラ~リ

No title

cauお兄さん、お早うございます。

統合幕僚監部が公表しているのに、何故か報道機関は殆ど知らんぷりです。
何か都合の悪いことがあるのでしょうか。

何となくバイデンの動きが気になります。
オバマの弱腰か経済絡みかどうか分りませんが、支那への理解を示し過ぎのようにも思えるのですが・・・

No title

湘太お兄様 こんばんはですw。
>何となくバイデンの動きが気になります。

アメリカも国防省と国務省の意見の乖離がみられる様ですね。バイデン氏も国務省の意見に引きずられる様では「習がオバマのバックを取る」かもですね。
レスリングでは負けを意味しますが……。

No title

今晩は。

そうなんですよ。
国防省と国務省の意見乖離のみならず、財務省や通商代表などが複雑に絡み合っている様相ですね。

アメリカも支那に貿易で深入りし過ぎた代償でしょう。

それに加えて、アメリカ民主党は伝統的に支那との付合いが濃密のようで、ルーズベルトなんか典型的なチャイナロビーでしょう。
あの男が居なかったならば日米間の戦争は無かったかも知れません。

No title

おはようございますw。
>アメリカも支那に貿易で深入りし過ぎた代償でしょう。

10年位前だと思いますが、私はMcGREGORのトラッドが好きで、地元のデパートを訪れた際、私が買おうとした綿パンだけでなく、全ての衣料がMade In Chinaでして。-産業の空洞化は日本だけの問題では無いな-と呆れてしまいましたが。
今はどうなっているのか知りませんが、調べて見る価値はありそうですね。

No title

cauお兄さんさん

今はアメリカも産業空洞化に気づき、国内に取戻そうとしていますが、軽工業品ではもう無理でしょう。
重工業は国内を梃入れし出したとの報道もありますが、どうなんでしょうか。

この問題がTPP絡みでアメリカが日本が変な攻勢を掛け、詰らない影響を受けないかどうか注視する必要ありと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/251-aa89026d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
336位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。