2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷川三千子先生の意見に全面的に賛成する


長谷川三千子先生の意見に全面的に賛成する。
今まで家庭を壊す事が進歩と言ってきた連中が論壇に多すぎた。
男女平等とは女が男の役をやり男が子供を産むのが即ち男女平等と言う事としてきた。
やっとこれで正常に戻ったのである。

このような議論の中に育って来た人には先生の主張は甚だ奇異に感ずるのであろう。


*          *          *          * 
NHK経営委員・長谷川三千子氏のコラムが波紋 「男女共同参画」批判でツイート1500超える(2014/1/ 9 18:48 )

哲学者の長谷川三千子氏が産経新聞に寄せたコラムが波紋を広げている。長谷川氏は元々保守的な論調で知られているが、今回のコラムの内容は、男女共同参画に真っ向から反対する内容だ。

ウェブサイトに掲載された記事はすでに1500回以上ツイートされており、批判的な声の方が多いようだ。長谷川氏が安倍内閣の意向でNHKの経営委員を務めているという点も、波紋をさらに大きくしている。

「生活の糧をかせぐ仕事は男性が主役となるのが合理的」

長谷川氏は2014年1月6日、産経新聞の「年頭にあたり」というコラム欄に「『あたり前』を以て人口減を制す」と題した寄稿をした。日本の人口が減少することを危惧し、長谷川氏はその解決方法を

「日本の若い男女の大多数がしかるべき年齢のうちに結婚し、2、3人の子供を生み育てるようになれば、それで解決です」

と断言した。この解決策に対して

「政府や行政が個人の生き方に干渉するのはけしからん」

といった批判が予想されることについては、1999年に施行された男女共同参画社会基本法の第4条「社会における制度又は慣行についての配慮」の条文を引用しながら、条文の趣旨を

「どういうことなのか具体的に言えば、女性の一番大切な仕事は子供を生み育てることなのだから、外に出てバリバリ働くよりもそちらを優先しよう。そして男性はちゃんと収入を得て妻子をやしなわねばならぬ--そういう常識を退けるべし、ということなのです」

と要約。行政の側が以前の常識を覆したに過ぎないため、批判は「全くおかしな話」と断じた。

さらに、女性が出産可能な年齢に労働することが出生率低下につながっているとした。

「妊娠、出産、育児は圧倒的に女性の方に負担がかかりますから、生活の糧をかせぐ仕事は男性が主役となるのが合理的です。ことに人間の女性は出産可能期間が限られていますから、その時期の女性を家庭外の仕事にかり出してしまうと、出生率は激減するのが当然です」

その上で、1972年施行の男女雇用機会均等法を引き合いに、

「政府、行政は一貫してその方向へと『個人の生き方』に干渉してきたのです。政府も行政も今こそ、その誤りを反省して方向を転ずべきでしょう」

と、女性が家庭内にとどまる方向に政策を転換すべきだと主張した。

津田大介氏「賛同する人も結構いそう」

ウェブサイトにも掲載されたこのコラムは、すでに1500回近くツイートされており、その中には著名人のツイートも散見される。例えばアイドル評論家の中森明夫さんは、女子教育の権利を訴えたパキスタン人の少女、マララ・ユスフザイさん(16)と比較しながら

「他方、どこかの国の大学名誉教授は『女は性差を受け入れて子供を産め』だとさ」

と皮肉った。ジャーナリストの津田大介さんは、

「『日本を取り戻す』の背後にあるとてもわかりやすい価値観だけど、賛同する人も結構いそう」

と論評。また、「毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記」(講談社文庫)などの著書がある北原みのりさんは、

「女が働きにくくジェンダーギャップが激しい国ほど少子化になっているのが、21世紀の当たり前、なんだけどね」

と長谷川氏の事実認識に疑問を呈した。

国会同意人事の時点で「女性の社会進出に否定的な発言」への懸念あった

長谷川氏は13年12月にNHK経営委員に就任している。NHK経営委員は国会同意人事で、安倍内閣が作家の百田尚樹氏や長谷川氏をはじめとする安倍氏に近いとされる人物を中心に国会に提示したという経緯がある。この人事案には「お友達人事」だとして疑問の声も多数出され、例えば12年10月25日の菅義偉官房長官の会見では、

「長谷川氏は女性の社会進出に否定的な発言をしている。これは総理が目指す、女性の社会進出を目指す政策と、果たして一致するのか」

といった批判もでていた。菅官房長官は

「大変な活躍をしており、まさに自立した女性のひとつの代表的な方なのではないか」

と釈明に追われていた。自民党の圧倒的な議席数を背景に国会は人事案に同意したが、大方の予想どおり「女性の社会進出に否定的な発言」が繰り返された形だ。
http://www.j-cast.com/2014/01/09193808.html?p=all
*          *          *          * 


長谷川三千子先生は何処にも女性の社会進出に否定な事は言っていない。
先生を攻撃するのは左翼の安倍内閣への意趣返しに過ぎない。
此奴らは皆、支那や朝鮮を理想としているの奴等であろう。
茲に出て来るのは反対論ばかりを並べ立てたのである。
それも極めて幼稚な錯倒者を。

男が外で十分な所得を得て、女が家庭を守って何処が悪いのか。
では中森明夫の論では『女は性差を受け入れず子供を産むな』が正しい事になる。
まだこんな連中が大手を振って闊歩している

スポンサーサイト

コメント

大賛成

かねがね思っておりました。
男女共同参画おかしさを。

夫が外で働いて家族を十分養いうる社会を追求すべきなのに、男女平等を求めて女子にも男性並みを求めるということが無理な話です。

男は男らしく…女は女らしくはもっとも理にかなったことであり、平等ではなりません。肉体もそうですが、精神もそうです。

少子化は男女共同参画という社会の在り方が拍車をかけております。

男性は外で仕事に精出し、女性は家庭を守る。
これが理にかなった社会だと思います。

日本を取り戻すにはこれを政治的に改めなくては日本を取り戻せません。

No title

お姉さん、お早うございます。
今日は雨の後、素晴しい晴天です。

全く当り前の事が見事にねじ曲げられて此処に至りました。今後これを正常に戻すのには、まだ一山も二山も困難は有るでしょう。

お姉さんが仰る通りの男女共同参加のいかがわしさの現れが集結して居りました。
安倍内閣になって漸く世人が正論を発言出来る雰囲気になりましたが、菅長官の釈明発言にはちょっと幻滅しました。
堂々とあれは正論だと言って貰いたいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/278-bed2c13a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
734位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
329位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。