2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリにお任せ

エリにお任せ
嘲日新聞の捏造過程。
一連の売国記事の創成がどのようにして始ったか
高山正之氏の正論をここに掲げる。
┌───[引用開始]──────(週間新潮 '14.1.23)──────────────┐
エリにお任せ

 朝日新聞の自虐記事はあれで一応の載せどきを考えていた。
 つまり12月8日の開戦記念日とか8月15日の終戦記念日とか昭和天皇のお誕生日4月29日とか。
 日本人が先の大戦について何かしらを考えるときを見計らい、嫌味な記事を並べてきた。それが真実ならまだしも大方は支那人、朝鮮人と組んで拵えた紛いモノばかりだった。
 例えば70年安保の翌年の昭和46年8月15日。言い訳男の元内大臣、木戸幸一に「軍部の暴走を止められなくて」と語らせた。

 戦後史観の柱「軍部が悪い」論だ。
 翌16日には「特攻は無駄死に」の連載が始まり、その下に松代の地下大本営の工事で「朝鮮人労働者数百人が機密保持のために虐殺された」秘話が載る。
 もちろん嘘っぱち。このころは日本の悪口ならどんな嘘も許された。

 一連の終戦ものが終わった8月26日から本多勝一の連載「中国の旅」が始まった。これが酷い。
 満州・撫順でコレラが発生し、当局が感染拡大を阻止した。
 汚い支那人が入れば疫病は蔓延る。日本が防疫に努めたことは在留ユダヤ人の報告にもある
 しかし本多は支那人の言うままに行路死を葬る墓場を「日本人がコレラで殺した」万人坑に仕立てた
 毎日新聞の浅海一男が創った「百人斬り」も本多は支那人の姜某から聞いたことにして、もっと毒々しく描いた。浅海に記事の剽窃を断ったのだろうか。
 平成3年の終戦記念日には植村隆が従軍慰安婦の嘘を書き、同じ年の開戦記念日には従軍慰安婦にされた金学順が東京地裁に訴えを起こした。

 ただ植村の指導が悪くて金は陳述書に「親が朝鮮人女街に40円で私を売った」と事実を書いてしまった。
 朝日新聞はその直前に珊瑚落書き事件を起こして一柳社長のクビが飛んだばかり。次の中江利忠まで嘘で辞任はバツが悪い。
 で、植村の嘘に目をつぶって、逆に中大教授の吉見義明に「慰安婦に軍関与」の大嘘を語らせ、嘘を嘘で塗り固めた

 中江は以後、嘘記事に慎重さを求め、自虐ものは記者を使わず、馬鹿な学者に書かせて行くことにした。ばれたら切れば済む。
 例えば早大教授の後藤乾一だ。彼は松代大本営の朝鮮人皆殺しの嘘を下敷きにスマトラでも坑道を掘った地元民数千人を穴にしたという尤もらしい嘘を発表していた。バレない自虐のが自慢だった


 彼は使えると踏んで、東ティモール騒動の折「日本軍は島民4万人を殺した」風な話を書かせた。
 下敷きは日本嫌いの豪州外交官J・ダンの「日本軍は島民5方人を略奪し虐殺した」という与太話。ふんどし一丁の土民から何を略奪したというのか。
 嘘はすぐばれ、後藤はお払い箱になったが、ことほど左様、朝日の嘘に世間も厳しくなる、馬鹿な教授も減っていく。

 しかし毎年、記念日は巡ってくる。どうしようかという難局に反日で手を組んできたニューヨークータイムズ(NYT)が助け舟を出してきた。
 昨年の終戦記念日は朝日が自虐ネタゼロに対し、NYTは早々とJ・テッパーマンに「石井細菌部隊」の嘘を復活させて「日本は残残虐説」を蒸し返した。
 12月の開戦記念日。朝日がまた自虐ネタなしに対し、NYTはエリーホックに「暴走日本の残滓、安倍政権」を書かせた。

 「戦前の極右政権は支那と泥沼戦争に片足を突っ込みながら、勝てば喜びも2倍と米国にまで戦争を仕掛けた。あの暴走する昂揚感を安倍政権に感じる」と。
 例の如く日本は悪で米国はいい国で、半藤一利のいう「日本だけ独り暴走」論とパターンは同じ。

 いい米国が裏から支那を日本にけしかけていたことも知らない。彼らの人種偏見も知らない。何にも知らないエリさんは米国で学んだ若い日本人女性という。
 助け舟は出したけれど向こうもうまい嘘をつく人材は払底気味ということか。

└───[引用終了]─────────────────────────────┘

日米豪の我が国を貶める様子が見事に表されている。
次から次と懲りずに続くものである。
お人好しな顔の裏に陰険な米国や豪州の素顔が覗き見され得る。
左翼と組んだ新聞は自虐売国文は今後は自社の記者でなく
外部の者に執筆を依頼し書かせるようになろう。
この手法はNHKが既に始めている。


スポンサーサイト

コメント

今年は真の歴史の展開

こんばんは。

お兄様、水間政憲氏が戦前の日本を写真入りで発表しました。東京大空襲の市民に向けた卑劣な戦闘…一般には知られない写真(保守も知らない)がたくさん掲載されてます。マッカーサーの占領政策の卑劣さも暴くときになりました。
焚書や歴史の改ざんも今年は華々しいパレードで
アメリカにも突きつけるといいですわね。

歴史の真実を拡散する年になりそうです。

日本の反撃が激しさを増し海外へ拡散。期待の年です。
たも閣下の東京での発信は一般の方々にも聞いてもらえるいいチャンスです。本屋へ行けばそういう本がずらりと並んで目から鱗です。

No title

お姉さん
水間政憲が掘り起して発表したのですね。
今度、図書館で見てみましょう。

亡くなった江藤淳先生が始めた「進駐軍の焚書坑儒」を世間に広める事が漸く日の目を見ましたね。
田母神閣下が当選すればもっと世間の人ははっきり認識するでしょう。

正にこれですね

日本人は「正しい歴史認識」を学び直すべし そうすれば困るのは中韓だ
http://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/140126/ecn14012612230005-n1.html

ついでにケネデイ女史にも・・・アメリカの捕鯨の歴史を学んでから言え、それにルズベルトの行動をよく調べてから南鮮大使と話をしろ、と。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/295-83f7d63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
817位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
379位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。