2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴しい西村眞吾先生の『実践論としての「憲法論」』

今日の先生のブログにある『実践論としての「憲法論」』を紹介する。
☆  ◇  ◇  ◇  ◇
 本年二月までに起こった馬鹿馬鹿しくも有益な見物は、
 「よくもまあ、この二十年間、
 これほどのアホ馬鹿が、
 次から次へと続いて、
 我が国の総理大臣になっていたのか。」
 と、言うことを、当のご本人が、
 次から次とあちこちでご開帳してくれたことだ。

 一月二月の都知事選挙では、元総理の二人が国益に反する空論を掲げて街頭に立っていた。
 彼らは、その「空論」を確信したのではない。
 この「空論」を振り回せば、あわよくば、当たったボールがホームランになるかもしれない、と思ったからだ。
 彼らの現役時代の「責任ある変革」や「郵政民営化、構造改革」などもこの程度であったのだ。
 そして、菅直人という御仁も、この「反原発」の波に乗りたくてヨダレを垂らしていた人物である。
 
 郵政民営化に一貫して反対した平沼赳夫先生の存在の値打ちが燻し銀のように見えてくる。

 この東京都知事選挙と重なって、村山談話の富市という御仁や世界からルーピー(馬鹿)と言われた鳩山由紀夫という両元総理大臣が、韓国に呼ばれて喜々として行き、韓国で安倍総理を非難している。

 これらの者が、次から次と我が国の総理大臣をしていたのだ。
 これは、「国難」と言ってもいいのではないか。
 彼らは、ただ速やかに痴呆になることによってのみ、
 国に貢献できる御仁である。
 もう出てきてはいけないし世界に国の恥をさらしてはいけない。
 外務省は、彼らのパスポートを失効させよ。

 
 元総理のことを書いてきたが、それだけではなく、
 元内閣法制局長官にも、けったいなのがいた。
 彼は、現在行われている
 集団的自衛権行使の憲法解釈変更を、
「無法」そして「法治主義に反する」と言い放った。
 
 つまり、法解釈学が分からない者が、
 内閣法制局長官だったと言うわけだ。
 知能のある人間と知能の低い猿の区別がつかない者が、
 小学校の担任をしていたようなものだ。
 
 
 実定法は、現在の具体的な状況のなかで法の目的を達成する為に解釈され運用されることによって機能する。
 現在の具体的状況は、刻々と変化する。
 よって、この状況の変化に応じて法解釈も変遷する。
 これが、法の運用である。

 そこで、国会と内閣で行われる「憲法論議」について指摘しておきたい。
 まず第一に、
 これは学術上の議論ではなく、政治的実践論である。
 その政治的実践とは、国家を守り万民を保全することだ。
 よって、最後には、
 政治的最高責任者である内閣総理大臣が決着をつける。
 
 即ち総理が決断を下す。
 従来の解釈を変更して、
 我が国は集団的自衛権を行使して国を守る、と。
 また、憲法を斯くの如く改正する、と。

 さらに、我が国の特殊性から、
 次のことも述べねば実践論にならない。
 その我が国の特殊性とは、
 
 「日本国憲法」は我が国が外国に軍事占領されているときにその外国人が書いた憲法であるということだ。

 ここにおいて、我が国の政治的実践者は、平素から腹をくくっていなければならない。
 それは、事態の展開によっては、
 まず「憲法の無効を宣言」したうえで、
「以後、国家に当然に与えられた自衛権に基づいて我が国を守る」という行動に打って出ることだ。

 なるほど、まず「憲法改正」をして、しかる後にその事態に対処するのが穏当であろう。
 しかし、その論者に尋ねる。
 
 改正に何年かかるのか、と。
 
 地球は狭くなっている。
 大陸から発射されたミサイルは十数分で我が国領土に着弾する。
 地球の裏側からも一日であらゆる脅威が我が国に押し寄せることができる。
 この危機に際し、
 我が国政治は、最高責任者の決断において、
 一挙に「憲法の桎梏」を脱ぎ捨てて事態を克服し、
 以て国民の命と領土を守らねばならないことがある。
 何故なら、「日本国憲法」は、外国人が我が国を永遠に弱小国に固定し続けることを目的として書いた憲法であるからだ(特に第九条)。
 これが、我が国の特殊事情である。
 
 国家と国民の命を守らねばならない事態に、
 想定外は無いのだ。
☆  ◇  ◇  ◇  ◇
何と云う素晴しい卓言ではないか。
こういうことが保守である自民党から
聞かれなくなって久しい。
保守を名乗る人ならば誰でも分る事なのに。
自民党よ小沢一郎の二の舞になる勿かれ。

DSCN0110.jpg
スポンサーサイト

コメント

この歴代の首相・・・これが国難でした。

お姉さん
いみじくも東京都知事選挙の様子は正に歴代総理の存在そのものが国難で、
何を勘違いしたか更なる二人の総理が女酋長と会見して薄ら馬鹿民族の虚偽の文句を畏まって拝聴している。

こんな時代は想像出来なかった事。じわりじわりと戦後の愚劣教育が成果の花を咲かせている・・・と言うこ事でしょうw(カナシイ

おはようございますw。
>しかし、その論者に尋ねる。 改正に何年かかるのか、と。

集団的自衛権もそうですが、そもそも憲法の前文では
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」とうたわれていますが、その前提は「平和を愛する諸国民」ですね。
「平和を愛しない諸国民には憲法9条は無効とする。」と宣言するだけで良いと思います。

cauお兄さん、お早うございます。

それは良い考えですね。
現憲法を是認する人にとっても「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」なる物がなければ9条の前提が崩れるのですから。

まあ無抵抗であれば殺さずに「侵略者は通り過ぎて行く」という気狂以外は心の中ではそう思うでしょう。
こう言う方々も声を出して言って貰いたいものですねw(ニコニコ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/350-45e642c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
545位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
243位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。