2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倉山満「反日プロパガンダの近現代史」何故日本人は騙されるのか(2)

(承前)
靖国神社を標的にした「信教の自由
 アメリカも、もともとは靖国神社を敵視し靖国神社を標的にして憲法二十条を作りました。、

  日本国憲法 第二十条
  信教の自由は、何人に対してもこれを保証する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
  二 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
  三 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。


 第一項前段の「信教の自由は、何人に対してもこれを保証する」というのは帝国憲法第二十八条の通りで、これは文明国の通義です。
 開題は後段です。「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治トの権力を行使してはならない」というのは、「靖国神社は国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならないと読み替えられます。

 第二項、「何人も、宗教卜の行為、祝血ハ、儀式又は行事に参加することを強制されない」
というのは、「何人も、靖国神社の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない」と読み替えられます。
 そして第三項の「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教活動もしてはならない」というのは、「国及び靖国神社は、宗教教育その他いかなる宗教活動もしてはならない」と読み替えられます。

 このように、そもそも「靖国で会おう」を合言葉に命がけで戦った日本軍が怖かったので、靖国神社を標的にして日本国憲法が作られています。 要するに、最初は占領軍が靖国神社を敵視していたわけです。現に今のアメリカのどんな親日派の人も、日本が自分と同じか、ましてや自分より強くなることを望んでいません。しかし、それ以上に日本の総理大臣が靖国神社に行って困るのは誰でしょうか。 

中国です。そして、行きがかり上、韓国です

 ちなみに、北朝鮮は困りません。そんなことで騒ぎ出す奴は殺してしまうからです。
 意外なことにロシアも困りません。彼らは国際法をわかっているので、「自分の国のために戦った人こちのお墓参りに行くのは当然じやないか」と、目先だけではプーチンは親日的言動を繰り返しています。靖国問題どころか、北朝鮮がテポドンを打ち上げた時に、「いかに領空より上とはいえ、警告なしでその国の上空を通過するというのは文明国ではない」と言う切きりました。ただし、その程度のリップ・サービスをしてくれるからと言って、それをもってプーチンは親日派だと喜んでしまう人がいるので、保守派の頭の悪さには困ります。

 逆にプーチンの立場からすれば、一応、中国は上海協力機構の同盟国です。モスクワ条約というのもあります。それを切ってまで日本と組むかといえば、よっぽどギリギリの、絶対勝てるというタイミングでなければあり得ません。
 少し政治に興味を持つ保守っぽい人には、自分のやりたいことを正論と勘違いする人が多過ぎます。日本は謀略にしてやられるばかりです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/353-87127091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
926位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
408位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。