2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい軍事政権

高山正之

┌───[引用開始]───────────────(週間新潮 '14.2.27)─────┐
いい軍事政権

 世の中にこれ以上ない悪が軍事政権だという。
 英語で「junta」と呼び、そう呼ばれたらもうこの世では生きていけない意味合いを持つ。
 いい例がフジモリだ。

 彼が出たころのペルーは酷かった。国の経済を握るスペイン系白人は税金も払わず、望楼つきの高い塀を巡らした屋敷には18ホールのゴルフ場も備えていた。
 その塀の外ではセンデロルミノソが徘徊し、毛沢東に倣って村を襲い、村長一家を殺し革命税を取っていたが、警察は汚職に走って治安はないに等しかった。
 平たく言えば今の支那みたいだった

 フジモリは大統領になるとすぐセンデロの指導者を捕まえて組織を潰し、汚職を絶やし、無駄飯食いの官
僚を5分の1に減らした。 2院制の国会は憲法で守られていたから、彼は軍を動かし、憲法を停止して院制にし、議員を70%もカットした。
 おかげで国庫は立ち直り、インフレは収まったが、収まらないのが米国だった。
 日本人が白人の傲慢を叩き潰し、まともをやった。
一瞬、白人支配下にあったアジアを解放した日本の姿が彼にダブつて見えた

 マイケルーシフター、ジョージタウン大教授は「フジモリが軍を動かし議会を潰した。彼の政治は民主主義に楯突く危険な軍事政権だ」と攻撃した。
 米国は中南米諸国を使ってフジモリを孤立させ、最終的に潰した。支那人やインド人を使って日本をやっつけた先の戦争に似る。

 彼らがいま許しがたい軍事政権と名指す国が3つある。ひとつはフィジー
 国旗に描かれるように英国はここでカカオ、砂糖黍、バナナを島民に作らせた。大量のインド人奴隷も入れた。
 20世紀末、フィジーは独立するが、悪知恵のあるインド人が島民を抑えて支配者に成り上がった。
 よそ者の支配に島民と軍隊がやっと立ち上かって政権を奪い、英国に「お前たちが入れたインド入を引き取れ」と迫った。つけは払う。当たり前のことだ。
 しかし英国は米国と謀って「軍事政権とは話をしない」と要求を蹴った。

 次が中央アフリカ。旧宗主国のフランスがちょっかいを出して血腥い政権交代が続き、今は基督教系軍事政権が立って、イスラム系前政権の支持者を公然、殺
し回っている。
 先日のジャパンタイムズはイスラム青年が軍人に頭を石で割られ、手足をバラバラに切り落とされる連続写真を掲載していた。
 これも植民地支配が生んだ悲劇だが、旧宗主国は責任を取らない口実に「軍事政権だから」という。都合のいい言葉ができたものだ。

 3つ目がエジプトだ。
 3年前、白人国家お奨めの「アラブの春」がここを見舞った。
 長期独裁のムバラクが倒された、民主的選挙でイスラムのムルシが大統領に選ばれた、と朝日新聞は嬉しそうに書いていた。
 そしたら軍がクーデターを起こしてムルシを倒した。おまけに軍のトップが次の大統領になるという。 「日本にもアラブの春がこないか」なんてこの馬鹿新聞は書いていた。だから吃驚した。とんでもない展開だと先日は「エジプトに軍靴の響き」と書いた。
 自民の誹謗によく遣った言葉だ。進歩がない

 それでもなぜエジプト市民があんなに軍事政権を歓迎したのか、分かってない。
 軍人とはどの国でもエリートがなる。深い知識を持ち、国際情勢にも通じる。

 だからホメイニ師は政権を取るとすぐイラン国軍の将官をすべて処刑した。アラーに従い不倫に死刑を科す政権に見識は邪魔だ。
 エジプト市民もムルシにホメイニ師の狂気を見た。国軍がそれを除去したから市民は拍手している。

 ペルーの国軍も同じ。フジモリに見識を見て「大統領のクーデター」に乗った。
 硫黄島に散った市丸少将のルーズベルトヘの手紙も軍人が高い見識を持っていたことを示している。

 日本も長い間フンタ同然と非難されてきた。彼らがそう言ったら一応疑ってみた方がいい。
└───[引用終了]─────────────────────────────┘

ペルーはフジモリの成功にも拘らず何時の間にか元の木阿弥になった。

米国の使嗾に因って潰されたのである。

フィジー・中央アフリカ・エジプト

皆、軍事政権である

嘲日新聞は軍事政権という事だけで非難している。

次はシリアであるがアサドはどうであろうか。



DSCN0147.jpg

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

お兄様綺麗な薔薇がすてきですね。

軍事政権は悪。
ワンパた^ン…朝日的です。

フジモリは頑張りましたが、また元に戻りました。
アメリカの画策で(?)

桜ちゃんねるとみてましたが、川村元海将補は素晴らしいですね。
見識のある方です。

お姉さん、お早うございます。

あのフジモリ氏、頑張りましたが、潰されました。
本当に残念です。
アメリカの狡猾な所は自分が手を添えているように見えない所でしょうか。
日本には殆ど報道されあせん。

困ったものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/386-2661b25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1010位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
441位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。