2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法の信頼

死刑囚の再審―過ちはすみやかに正せ
嘲日新聞2014年3月28日02時06分

 無実の人を罪におとし、長年にわたり、死刑台の縁に立たせる。許されないことが起きたおそれが強い。
静岡県で48年前、一家4人が殺害された。犯人として死刑を宣告された袴田巌さんの再審の開始を静岡地裁が決定した。
 検察側は抗告によって手続きを長引かせるべきではない。すみやかに再審すべきである。
 80年代、免田栄さんら死刑が確定した4人が相次いで再審で無罪になった。自白の強要、とりわけ死刑の取り返しのつかなさを考えさせたはずだった。
 袴田さんの死刑確定や第1次再審請求審はそうした動きと並行していたのだが、判決は今日まで維持されている。あの教訓ははたして生かされたのか。司法界は猛省せねばなるまい。
 今回の決定が特に重いのは、袴田さん有罪の重要証拠で、犯行時に着ていたとされた衣服5点について、捜査機関が捏造(ねつぞう)した疑いがあるとさえ言及していることだ。
 死刑を決定づけた証拠がでっち上げだったとしたら、かつてない深刻な事態である。

 捜査・検察当局に求められるのは、この指摘を真摯(しんし)に受けとめ、何が起きたのか徹底調査することではないか。
 袴田さんは78歳。いつ執行されるか分からない死刑の恐怖と向き合う拘置所暮らしで精神の病が進み、姉や弁護人による面会でさえ難しくなった。

 死刑の確定から34年である。むだにしていい時間はない。
 再審を開くかどうかの判断にここまで時間を要している裁判のあり方も検討すべきだ。

 衣服の血痕に用いたDNA鑑定の新しい技術が今回の決定を後押ししたのは確かだろう。ただし、衣服は一審が始まった後に現場近くで突然見つかったとされ、その不自然さのほか、袴田さんには小さすぎる問題などがかねて指摘されていた。
 「疑わしきは被告人の利益に」の理念は尊重されていたのか、問い直すべきだ。

 27年かかって棄却に終わった第1次再審請求審と比べ、第2次審では証拠の開示が大きく進んだ。裁判所が検察に強く促した結果、当初は調べられていなかった証拠が多く出された。
 袴田さんに有利なのに、弁護側が存在さえ知らなかった証言もあった。それもなぜ、もっと早くできなかったのか、と思わざるをえない。

 今回の再審開始決定は、釈放にもあえて踏み込んだ。裁判長が、これ以上の拘束は「耐え難いほど正義に反する」とまで断じた意味はあまりに重い。

 [引用終]

DSCN0193.jpg


大変に結構な論旨であり、一見御立派である。

現状の経緯から袴田被告はこれからの再審では冤罪として無罪となることであろう。刑事補償請求があったら48年間の額として一億円いや数億円以上となろう。
警察の拙速な捜査や検察の稚劣な訴訟指揮により4名も惨殺した犯人を刑罰に処す事が出来なくなり、更に無実の人を死刑の恐怖に苛まされて来た事になる。

ここで一部の左捲新聞は再び死刑反対論を大声で唱えるようになって来た。
今まで国民の間に死刑存続論が広まってきて裁判員裁判(-私自身は裁判員制度に反対であるが-)でも死刑判決が出るようになって来た事に対して水を差すような事にならない事を願う。
若しもこの事件が冤罪だとしても、死刑制度があるから冤罪を引き起こすのではなく元々捜査や訴訟指揮が拙劣で冤罪を産んだだけなので、死刑制度が無くなっても冤罪はなくならない。冤罪となった原因を除去せぬ限り無くならない。

左捲新聞や弁護士や政治家は支那や朝鮮などの死刑には口を噤んでは一言も反対とは言わない。これに対して支那朝鮮人が被告の場合には「全部がでっち上げ」などと言って騒ぐ。
これは一体どう言う現象だろうか。

この事は「原発反対」とも相通ずる。何でもかんでも「原発は危険」で終わってしまう。支那の原発にはだんまりで黙認している所もよく似ている。決して「支那様の原発は反対」とは言わない。その上、支那様・ソビエット様の原爆までも綺麗な原爆と宣う。

最後に航空自衛隊がとんでもない冤罪事件の被告となり、左翼新聞のために未だに名誉を回復出来ないままになっている雫石衝突事件について、
空軍中将佐藤守閣下のブログを紹介する

2014-03-29 法の信頼を回復せよ(http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/)
  中略
 私は、昭和46年7月に岩手県雫石上空で航空自衛隊のF86F戦闘機がB727機に追突されて墜落し、自衛隊の訓練生は助かったものの、民間機の乗員乗客162名が死亡した事故も“冤罪だった”とする「自衛隊の“犯罪”ーー雫石事件の真相(青林堂)」を平成24年7月に上梓したが、書き出しに「冤罪は何故おきた? ・・・ 足利事件などの教訓」として頻発する“冤罪事件”に警鐘を鳴らした。
  中略
≪こうして「新証拠」に基づく再審開始が相次いでいることは、検察の証拠調べと裁判のあり方が大きく揺らいでいることを示しており、このような事例が頻発すると、一般国民としては何となく検察と裁判不信に陥ります。
私は『雫石事件裁判』も、これらの事件と同じ「冤罪」のひとつだと思っています≫として、この事件の調査、裁判などの具体的な状況について、各種資料を順に解説し、この事件のドロドロした背景に迫ってみたつもりである。

ご一読いただければ、如何に当時の関係者らが「航空」という3次元の世界や「軍事」に無知だったとはいえ、審理その物もずさん極まりない“素人論議”に時間を喰い、最後は、「なだしお事件」などにも共通するメディアの自衛隊悪玉論に影響され、最高裁までもが「結論ありき」でつじつま合わせに終始していたかがわかるはずである。

DSCN0194.jpg
スポンサーサイト

コメント

冤罪事件は後をたちません。
省察検察もそうですが、司法にも問題があるように思います。
また人権派弁護士と言う厄介なのもありますね。

お姉さん、今晩は。

人権派と証する弁護士は特に刑事事件では国家を破壊するような事を目論む連中ですから、正義も真実もあったものではなく、日本が崩壊すれば良いだけなのです。

潜水艦「なだしお」護衛艦「あたご」にしても人権派は絶対に冤罪弁護に回りませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/401-037d760a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
336位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。