2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【痛快!テキサス親父】

靖国神社は英霊に感謝し平和願う場所 中韓の指導者も行ってみろ

 ハ~イ! 日本のみなさん。俺は5月3日、東京・九段北の靖国神社を参拝してきた。三十数人のファンが同行してくれたうえ、偶然参拝していた100人以上の人々とも交流することができた。とても感謝している。

 2011年に初来日してから、俺は日本に来ると必ず、靖国神社を参拝している。これは、国を守るために命を捧げた人々の魂や精神に敬意を払うためだ。文化的に進んだ国や国民にとっては当然のことだろう。

 まず、正面の大鳥居から境内に入り、水舎(みずや)で手と口を清めた。受付で自分の名前を記帳し、再び水で手と口を清めた後、昇殿して英霊の方々に祈りを捧げた。靖国神社以外ではあり得ない、神聖で清浄な空間を感じることができた。

 安倍晋三首相は先月末、靖国神社の春季例大祭に合わせて「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。このことについて、また中国と韓国が「嘆かわしい」「歴史を直視しろ」などと批判していたが、俺は「いい加減にしろ」と言いたい。

 靖国神社には約250万人もの英霊が祀られている。中韓はここに、第2次世界大戦のA級戦犯14人が祀られていることを問題視している。俺は東京裁判自体にも疑義を持っているが、たった14人のために、ほかの約250万人の英霊に祈ってはいけないというのは、異常だぜ。


H260510.jpg

 中韓の指導者は一度、靖国神社に行ってみればいい。


 そこには、日本の英霊だけでなく、全世界の戦死者・戦禍犠牲者を祀る鎮霊社もある。戦争で命を落とした犬や馬、伝書バトの慰霊碑まである。米国の左派メディアが「戦争神社」などと書いているが、嘘っぱちだ。靖国神社は英霊に感謝をし、平和を願う場所だ。

 そもそも、韓国の日本批判は理解できない。先の大戦当時、朝鮮半島は日本の一部だった。約80万人の朝鮮人男性が日本軍に志願し、約1万7000人が日本軍人となった。韓国は日本と戦っていないのに、戦勝国のような批判をしている。

 第2次大戦に関する欧米の資料や書籍を読むと、日本軍の捕虜収容所に収容された連合国軍の兵士たちは「看守の多くが朝鮮人で、非常に野蛮で残忍だった」と書き記している。現に、戦争犯罪人として有罪判決を受けた朝鮮人も多数いる。韓国人こそ、自国の歴史を直視すべきだ。

 この連載の第1回でも書いたが、日本は米国と同じ、自由主義国であり、独立国だ。安倍首相が英霊に尊崇の念を表し、不戦の誓いをするために、靖国神社を参拝しても、他国に文句を言われる筋合いはない。

 強要はしないが、日本のみなさんも米国に来たときは、アーリントン国立墓地を訪ねてほしい。ともに文化的に進んだ国で、かつ同盟国の国民として、先人の魂に敬意を払い、ともに未来に向けて前進しよう。

 親愛なるみなさんと貴国に神の祝福がありますように。米国に神のご加護がありますように。

 では、また会おう!


安倍総理はアーリントンにも行っているので

オバマ大統領に靖国神社に一緒に参拝しようと

誘って見れば良かったのに!

まあ

断られるかも知れないが

スポンサーサイト

コメント

戦後の日本派痺れ派によって歪められ多くの政治家は痺れたままです。
役人も痺れっぱなし・・・しかしネットと本屋ではそれに目覚めた国民が増えてきた・・・もう少しすると世の中の流れは変わっていきそう・・・左巻き連中は外も歩けない・・・いえいえ恥を知らない連中ですから歩くでしょうね。

藤木さんもネットの効果が大と言っていました。

来週土曜日には河野邸の側道でデモを予定しているとの事。
私も時間があれば参加します。

こんにちは。
この方、どうしてこんなに日本を擁護してくださるのか、
気になっていました。
親日家であることはもちろんですが、
逆に日本がやられっぱなしであまりにも不甲斐ないから
黙って見ていられないというところなのでしょうか。
本当は日本からこういうリーダーを出さないといけないのですけれどね。
ありがたいことですが、頼りにばかりしていないで、
私たちもできることをしないといけませんね。

河野邸へのデモ…素晴らしいですね。
参加宜しくお願い致します。

朝霧お姉さん、今日は。

昨日、テキサス親父日本事務局の藤木さんが言っていました。
テキサス親父は親日家ではあるが、一番は母国であるアメリがが第一だ、と。
此の点、日本人が親米となれば動もすれば「日本はさておきアメリカ様様」となるが
決して「アメリカはさておき日本様様とはならない」と。

此の点は立派だと思います。
私達もこのようにありたい者です。

薔薇姫お姉さん。
昨日の河野談話糾弾の講演会も平塚市の河野邸のそばでやろうとしましたが、会場の手頃な場所が空いてなかったとの事です。

是非とも時間の都合を付けてデモに参加しようと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/452-0e882de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
274位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。