2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇妙な判決


昨日奇妙な判決が2件あった。
即ち
「福井地裁の大飯原発差し止め判決」

「厚木基地夜間飛行差し止め」
である。

それらは我が国の腐れマスコミによって大々的に喧伝吹聴されていて、
左巻きに好都合な判決であった。
しかし若し我が国が中華人民共和国様の支配下に在ったなら
絶対に出て来ない判決である。

このような判決が出てきて左翼が欣喜雀躍するのは
追い詰められている証拠だろうか。

その中で少数な報道であるが正論を述べている記事があるので
次に掲げる。



福井地裁の大飯原発差し止め判決を批判する(速報版)
http://agora-web.jp/archives/1596223.html

1・適切な判断を裁判所ができるのか

大飯3、4号機は、2012年7月に野田佳彦首相の政治判断で、同年夏場の関西の電力不足を避けるために再稼動した。13年9月に定期検査のため停止している。14年7月に施行された新安全基準に基づき、再稼動の申請中だ。原子力規制委員会の審査が問題だらけなことは、今回の論考では省略する。

関電側は、地元住民などからなる原告の主張に根拠法はないと主張している。それは妥当だ。原子炉の安全性は、国の機関が審査する仕組みになっており、専門性も必要だ。地元住民、また裁判所が、適切に審査できる範囲を越えている。実際に大阪地裁は、大飯原発差し止め請求訴訟をこの理由で今年4月に却下している。

原発の運転を規定する原子炉等規制法によれば、原則として建設許可を得た原発では、運転は可能になる。重大な安全の瑕疵などがある場合に原子力規制委員会が停止を命じられる。そうした法律を越えて、裁判所ができることはかなり権限があいまいだ。国が認めれば関電は稼動ができ、それを地裁は覆せないだろう。また福井地裁の判決は、控訴で覆るだろう。(と、私はとても分かりづらい同法と判決を読んで理解した。間違ったらご指摘いただきたい。)

2・「人格権」の判決での濫用

「原子炉の安全性に裁判所の判断が及ぶのか」という疑問に答えるため、福井地裁の判決は憲法の人格権(13条、幸福追求権)を振りかざす。判決では「人格権が経済的自由権より上位」とし、その人格権を尊重することで、原子炉等規制法に基づき、「裁判所が審査することは可能」としている。

これはかなり荒っぽい論理構成だ。反原発の人が繰り返し唱える「命はお金より重い」という単純な主張に、法律語の粉飾を加えただけに思う。

人格権をそれぞれの幸福追求権とすれば、人ごとに価値観は違うはず。関電側は、原発の停止による同社、ならびに消費者の経済的な損失を主張した。それを幸福に関わると重視する人も当然いるはずだ。

もちろん原子力に絶対事故はないとは断言できない。しかし、ある事象の存在で起こるリスクの存在を是認しつつ、そこから出る利益をできるだけ高くすることが、社会生活を送ることが、普通の人の態度だろう。そして、原発からはリスクと利益の双方を、社会は享受している。

一部の人の人格権を過度に尊重して、社会全体の利益、他人の価値観を尊重しない、雑駁な議論を裁判所が行ったことに私は驚く。福井地裁の論理を使えば、自動車や飛行機などの安全性の判定を、その規制法に基づいて、「危険を感じて人格権を侵害される人のため」として裁判所が行えることになりかねない。

3・地震の評価は専門性が必要
判決文を見ると、訴訟の最大の争点は、耐震設計など安全対策の基準となる基準地震動を超える大きさの地震が起きる可能性があるかどうかだった。

関電側は訴訟で大飯原発の基準地震動を700ガルと説明。さらに原発周辺の三つの活断層が連動して想定を上回る759ガルの地震が起きたとしても、「安全上重要な施設の機能は維持される」などと反論している。

驚くことに、地震動と専門性の必要な議論での論証を精緻に行わず、裁判官が危険を認定している。これは専門性の必要な議論だ。

日本の原子力規制委員会は、各地の原発に穴を堀り、活断層があるかないかという検証をやっている。これを世界の著名地震学者、原子力工学者が批判している。活断層の有無は地震リスクの判定の一部にすぎないためだ。その意見を聞く中で、世界で一番優れた規制を行っている米国原子力規制委員会(US・NRC)の地震リスクの判断方法を知った。次の通りだ。

1・周囲の地質の調査を解析し、場所ごとにシミュレーションをする。近くでも地形によって揺れはかなり違う。そしてそれを公開して意見を求める。活断層の有無も、この中で検討される。
2・その次に地震の揺れがあったとして、原発の構造物にどのような影響があるかを解析する。建物は建ったままではない。建造後、いくらでも補強できる。これも事業者の参加の議論の上で議論を公開し、必要なら工事を要請する。バックフィット(規制の事後適用)を行政が補償する制度もある。
3・その上で確率的に、どのような事故が起こるかを解析する。ケースごとに放射能の漏れる可能性、その量を分析。想定ごとのシミュレーションを行う。
4・地震の場合に対策を原子炉の管理者が実際に行えるか、実地での検証もする。

地震のリスク判断は「地震が起こる」「起こらない」という単純な判断で終わるものではない。何段階にも分かれた検証と、専門的な調査、その公開 検証、是正が必要である。福井地裁はこのリスク判定を「裁判所が関与できる」として、危険性を認定した。そんな能力があるのだろうか。あきれる傲慢さだ。

4・放射能への過剰な恐怖

福島原発事故では、原発は地震によって緊急停止し、地震そのものによる炉の主要設備の破損は起きていない可能性が高い。冷却装置の津波に寄る破損が事故につながった。また事故の影響は限定的で、国、国連などの各専門家によれば「福島事故による健康被害の可能性はない」ということで一致している。

ところが、この判決では、原発事故の無限性を強調。それゆえに原告(訴えた住民側)によった判断を行うべきとしている。裁判官の単純な反原発感情、恐怖感情を、法律語で粉飾して訴えた側に有利な判定に使っているように思える。

5・まとめ--原子力行政は違法行為だらけ
簡単にチェックをしただけで、福井地裁の判決は問題点が目立つ。いい加減な判決で原子力行政、エネルギー行政がまた混乱させられていいのかと、暗澹たる気持ちになる。

私は、日本は原子力を活用した方がいいと考えている。原子力は悪ではない。ただの技術で、適切に利用すればいいだけの話だ。しかし正当な手続きで、合理的に、かつ合法的に脱原発が決まれば、それは仕方がないと思う。

ところが、福島原発事故の後で、デマ、一部の人の狂乱、誤った情報が、エネルギー政策、原子力政策に影響している。それが非合理かつ違法な面の多い行政活動や政策につながっている。これが問題だ。そして冷静であるべき裁判所まで、その空気に感染したのか、変な行動をしていることに、がっかりする。

この判決は、批判の中で、忘れられるべきものにしたい。

最後に、原子力をめぐり「法律、法律」と叫ぶ人たちに、一つのことを指摘したい。実は原子力行政では、法律に根拠のない命令が多発されている。2011年5月に菅直人首相が決めた中部電力の浜岡原発の停止は、法律の根拠がない「お願い」である。現在、田中俊一原子力規制委員会委員長は、安全基準の事後適用(バックフィット)を、費用負担を誰がするのか法的に整備されていないのに各電力会社に強制している。これは企業の財産権の侵害だ。これらを放置して、福井地裁のおかしな判決を賛美するのはおかしい。

政府が原子力問題で、違法行為を堂々とやっている。そして電力事業者、さらに国民は、経費の負担を、彼らの判断によって受けているのだ。発電能力100万kW級の原子炉の停止を代替するため火力発電を動かすと、700億円から1000億円の化石燃料代が余分にかかる。

電力会社はこのままでは政府に潰されるだろう。その前に行政や政治家を訴えて、一矢を報いてはいかがだろうか。ただ福井地裁の裁判官を見ると、司法が助けてくれるとは思えないけれど。


このように 原発は須く地球上から消えて無くなるべし
との
鱈目判決を書いた裁判官に対しては
国民は告発し賠償金支払いを
求めたいものである。



辛坊さんを救出した自衛隊機は大丈夫か? 厚木基地夜間飛行差し止め
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140522/dms1405221204013-n1.htm

 米軍と海上自衛隊が共同使用する厚木基地(神奈川県大和、綾瀬市)の騒音被害をめぐる訴訟で、横浜地裁は21日、自衛隊機の夜間飛行差し止めを命じた。同基地は、不審船などを警戒する哨戒活動や、救急患者の搬送や海難事故、災害派遣などに対応しており、安全保障や救助活動への不安が広がっている。

 厚木基地は、三沢基地(青森県)、岩国基地(山口県)とともに、国内に3カ所ある日米共同使用基地の1つ。中国の海洋進出の脅威を増すなか、日米が共闘し対処することが確認されたばかりだが、今回の判決で、哨戒機の警戒活動などに支障が出る恐れもある。

 救助活動への不安もある。厚木基地には海上にも着水できる救難飛行艇「US-2」が配備され、昨年6月には太平洋上のヨット遭難事故でニュースキャスターの辛坊治郎さん(58)らを救出した。この際、US-2が厚木基地に戻ってきたのは夜間だった。

 判決は「やむを得ない場合」は運航を認めるとしているが、海自幹部は「万一このような活動まで制限されるとなると、ゆゆしき事態だ」と訴えている。


ただ、この文は少し難点がある
辛坊さんを救出した…云々は余計である

若し活動が制限されたならば辛坊氏二人のみならず
国民数十万人の生命が瞬時に失われるかも知れない
そのような危殆の淵に我が国は居るのである

夜間厚木の飛行では
昔は空港は飛行場上空のみが明るく周辺は暗かった
今は空港は飛行場上空のみが暗く周辺は明るい

これは飛行場周辺に人口が密集し出したのである
夙に言われていた事である
人口が集中し出した事を放置した政府の責任である
正に普天間と同じ状況になりつつある
周辺の民家では防音装置が無料で施されて冷暖房がなされている
後から転入した者にも一様になされている
何だこれは。

今なら疎開政策を実行出来よう
早く政府は手を打て。




スポンサーサイト

コメント

今晩は。
裁判官の中にも左巻きを居ります。
恐らくそういうのが判決を下したんでしょうね。
ヘンテコリンがたくさんおりますもの。

住民のエゴはエスカレートしました。
空港周辺には住宅を建てないようにしないで…補償や訴訟を…左翼のお家芸です。

お姉さん、今晩は。

これらの判決を見聞きして・・・何か左翼が焦っている。そんな感じがしました。
連中が勝手に焦るのは自由ですが、判決文となって善良な住民までが拘束されるのはたまりません。
控訴審でまともな裁判を期待しましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/465-315629a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
734位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
329位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。