2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こども版 強制連行って何?

強制連行

このような自明な嘘事が放置していると一人歩きして本当になってしまった典型的な例である

戦後二十年経った頃65歳で社会の長老になりかけたも者は終戦時は45歳であり、

余りの自明に反論する気にもならない馬鹿馬鹿しい事であった。

もっと若い世代でも挺身隊や勤労動員は正しく学んでいた。

教える教師自身が実経験があり終戦時には成人であったからである

時が移り、悪い事に「嘘も百編云えば本当になる。駄目で元々」の民族相手に我が国は自滅して、

今、漸く反撃に映り掛けている。


(池田 信夫http://agora-web.jp/archives/1607659.html)

朝日新聞が「慰安婦の強制連行」の記事がまちがいだったことを認めて、話題になっています。よい子のみなさんは、まだ「慰安婦」の意味は知らなくてもいいのですが、「強制連行」の意味ははっきりしたほうがいいので、確認しておきましょう。

このことばは、1965年に朴慶植『朝鮮人強制連行の記録』で初めて使われたもので、厳密な定義はありません。そもそも任意で連行することはないので、「強制連行」ということばがおかしいのです。これは日本人が無理やり朝鮮人を日本に引っ張ってきたといいたいのでしょうが、日本の役所が朝鮮人を暴力で連行して強制労働させた事実はありません。

これを少し広く定義して、徴兵や徴用と定義すると、これは国の命令に応じないと罰則があるので、強制といってもいいでしょうが、朝鮮に徴兵制度はなかったのです。当時の朝鮮は日本の領土でしたが、一定の独立性を認められていたので、志願兵を募集しただけです。それに対して最高50倍の志願があり、24万2000人が戦争に出陣しました。

同じ意味で、朝鮮に徴用もありませんでした。日本国内の軍需工場に動員する官斡旋という制度があり、これによって32万人が日本に渡ってきました。これはあっせん(国が世話すること)であって強制ではありませんが、「タコ部屋」もあったので、意に反して労働させられた男性はいたでしょう。

戦争末期に徴用の制度ができ、 245人の男性が朝鮮から徴用された記録はありますが 、女性の徴用制度はなかったので、徴用された朝鮮人女性は一人もいません。官あっせんもなかったので、「強制連行」は事実無根です。朴慶植も、女性についてはまったくふれていません。

朝日新聞の報道では「女子挺身隊として強制連行」されたことになっているのですが、これは彼らも認めたように、単純な事実誤認です。挺身隊というのは軍需工場などに勤労動員する制度ですが、朝鮮半島にはなかったのです。徴用も勤労動員も、内地の国民の義務だったのです。

そんなわけで「女子挺身隊として強制連行」という朝日新聞の記事は100%嘘です。こんな明らかな嘘を「研究が進んでいなかった」とか「真偽不明だ」とかごまかして、朝日が20年以上も訂正しなかったために、韓国が日本に「強制連行を認めろ」と要求し、それを認めない日本政府を「戦争犯罪を反省していない」と攻撃してきたのです。

朝日新聞は謝罪もしないで「強制連行はなかったが強制性はあった」などと開き直っていますが、強制性などというあいまいな言葉は、どうとでも解釈できます。嘘つきがどんな格好いいことをいっても、信用されません。よい子のみなさんは、嘘を指摘されたら「すいません」とすなおにあやまりましょうね。



スポンサーサイト

コメント

今晩は。
あの当時を知る人が少なくなってきた頃から鮮人やその仲間の日本人が嘘八百を言い始めましたね。
しかしネットのお蔭で論破された・・・有難いことです。ネットに感謝です。

お姉さん、お早うございます。
ネットの御蔭です。
それと電話の普及ですね。

普通のテレビでもネットを出来るようになれば、もはや社民党や生活党など存在を保でないでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/544-33aea9a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
356位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。