2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本には「支那産原材料を不使用」の表示

日本の広告に「中国産原材料は不使用」と表示、根強い不信感―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/a101911.html


2015年2月3日、中国メディアは、十数億もの人口を擁する中国は食糧問題解決に向けて農業生産を高める政策を推し進め、成果を上げているが、日本をはじめ海外では中国の農業や食品に対する不信感や偏見が根強いと指摘した。

H2702083.jpg
人民日報日本支局の記者によると、日本でこうした広告が現れる背景には、日本人には国産食品を選択する傾向がとりわけ強いことがあると指摘。輸入食品、特に中国産食品は安価だが、たとえ価格が数倍も割高であったり、品質が大差ない、あるいは品質が逆に高かったりしても、一般的な日本人は国産を選んでおり、それは中国産に限ったことではないとしている。

中国産食品の安全性に対する懸念も強い。日本のある飲食店ではおせち料理の広告で「防腐剤、人工甘味料、合成着色料不使用」とともに、中国産原材料を使用していないことを売り文句にしていた。

中国では食品を輸出する際に国家質量監督検験検疫総局による事前検査を行っており、日本でも輸入に当たって厚生労働省が食品衛生法による検査を行い、さらに各県などでも抜き取り検査が行われている。消費者の不信感は、数年前の冷凍ギョーザ中毒事件や粉ミルク汚染問題などの影響もあるが、メディアが危険性を誇張していることもあると記事は指摘している。(翻訳・編集/岡田)


日本では支那産食品は左翼の強引な圧力で

不買運動はやっていない

しかし


支那産品はは毒入りが定着しているから誰もが買わない

食品に限った事ではなく全ての物品に当て嵌まる

支那の物品に底辺に流れる悪意の塊

それが毒入り食品

それと同様に

朝鮮産も

防腐剤、着色料、残留農薬、重金属、微生物毒素菌・・・

ついでに


サラダ油が…危険!? 「がんや認知症」原因に…脳科学専門医が警鐘
おお!本当?

此れに支那朝鮮食品が加われば!

あらあら?一体、どんな事になるやら






スポンサーサイト

コメント

今晩は。

サラダ油が危険と言うのはどこかで読みました。

殆どが中韓産
だったように記憶しております・・・くわばらくわばら。

 おはようございますw(ニコニコ
「毒入り危険 食べたら死ぬで」の中韓産。粉ミルクにヒ素があったのもシナ産でした。食中毒を撒き散らす海産物も朝鮮産でしたね。

哀れマクドナルド。中国の使用期限切れ加工肉問題で、最終損益は218億円の赤字。チキンの問題が火を付け、牛肉もシナで加工しているのではないか、中国産の牛肉を使っているのではないか? と皆さん疑っているようですよ。
昔は「馬肉を使っているのではないか」でしたが。

マクドナルドのHPでは「牛肉の産地は証明できますか?」の質問に対して「豪州産」であると答えています。消費者の多くが不信感を募らせている事の証明ですね。
肉は豪州産でも加工は中国かも知れません。勿論憶測ですが。 
http://qna.mcdonalds.co.jp/?_ga=1.134779061.531211903.1423432438

新たに「Cの国の法則」発動ですね。



あっ、加工に関しては「ビーフパティは安全なオーストラリア、ニュージーランド産牛肉を使用して、原則として日本国内で加工しています。」
とHPにありましたね。そこまで明らかにしなければならないと言う事は…。
http://qna.mcdonalds.co.jp/beef4/

「本当に真実なのですか ?」と疑惑がますます湧いてくるのは否定できませんね。
「君子危うきに近寄らず。」ですね。お気の毒ですw

今日は。

>数年前の冷凍ギョーザ中毒事件や粉ミルク汚染問題などの影響もあるが、
>メディアが危険性を誇張していることもあると記事は指摘している。

こんな事を特亜が言っているようでは、輸入禁止が妥当です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/694-201e6557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
545位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
243位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。