2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石油備蓄が涸渇して大多数の国民の餓死するまで掃海しない…枝野の馬鹿

日本が何故に今次の大戦をしたか全く何も知らない奴だ

餓死者が出る前に何とかしないと駄目なのに

餓死してからでは遅い


衆院予算委:集団的自衛権での機雷除去…民主、首相と論戦
毎日新聞 2015年03月03日 23時30分(最終更新 03月04日 01時21分)
http://mainichi.jp/select/news/20150304k0000m010146000c.html


 衆院予算委員会は3日、外交・安全保障をテーマに集中審議を行った。民主党の枝野幸男幹事長は、政府が昨年7月に閣議決定した「新3要件」のもとでも、中東のホルムズ海峡で自衛隊が集団的自衛権を行使して機雷を除去するケースは極めて限定的だと主張。行使に前向きな安倍晋三首相と民主党の違いを強調する姿勢に徹した。【飼手勇介、水脇友輔】

 集団的自衛権を行使可能にするため、政府は閣議決定で、他国への武力攻撃で日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由、幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合など新たな要件を定めた。「明白な危険」を「わが国が武力攻撃を受けた場合と同様の深刻、重大な被害が及ぶことが明らかな状況」と定義し、行使に歯止めをかけようとしている。

 では、武力攻撃と同様の被害とは何か−−。これを明らかにするため、枝野氏はまず、他国が食料や生産物資の輸送路を断ち、日本を危殆(きたい)(非常に危険な状態)に陥れる手段を講じた場合は「外部からの武力行使に該当する」とした1954年の木村篤太郎保安庁長官(当時)の国会答弁を確認。「国民の多くが餓死する状況でなければ、武力攻撃を受けたのと同様の被害とはいえない。封鎖されても、餓死しない手段があれば当たらないのではないか」と追及した。

 これに対し、首相は「多くの人が餓死しなければ要件に当たらないとは考えていない」と反論。「石油が突然遮断されると相当なパニックになる。法的な対応を可能にしておくことが政治の責任だ」と述べ、機雷除去のために集団的自衛権を行使するケースを、枝野氏の指摘より広くとらえる見解を示した。枝野氏は「行使すれば直接、攻撃されるリスクも高まる」と慎重な対応を求めたが、首相は3要件に該当するかどうかで判断する考えを重ねて示した。


自国の船の航行を妨げる仕掛けられた機雷を除去するのに集団的自衛権も何もあるものか

民主党内閣ならば国民が餓死するような状況に追い詰められないと

攻撃を受けたとは見なさず

自衛権は行使しないと言う事か


国民の多くが餓死する状態になれば

最早、反撃する国力が既に失われている状態である

国民が餓死しそうな状態でも

枝野は優雅に「築地をどり」を踊り北京ダックを鱈腹食っていそうだ

此れは利敵行為で外患誘致罪に相当する



えっ?、何で予算委員会の特等席にあの前科一犯の辻元清美がいるのだ
民主党は他党から犯罪人を引っ張ってこなければ人材がいないのか




スポンサーサイト

コメント

国内過激派枝豆君はホントにご立派です。
日本人は死んでも殺されても野垂れ死にしても一向に構わない。福島の原発で家族は遠くて避難させたすばらしいお方。お顔がパーみたいですね。
特等席にふんぞり返ったアッチ顔の誰かさん。キムチ悪いですね。知り合いgみんなみんなキムチ悪いと言います。

お姉さん、今日は。

そうでしたね。あの枝豆は遠く自分の家族を避難させました。他人の事は放り置いて。
小沢一郎は家族を放って自分だけ沖縄に逃げた。
どっちもどっちだ!

今度は、石油がなくなると自分と家族は支那に逃げるのかな。
支那人はそんなに甘くないぞ。

こんにちは。
もうどうしようも無いオバカですね。枝豆でも食べて、ビール飲んで寝テロ!

「ABCD包囲網と言う「機雷封鎖」をされては、どんなに小さい国でも反撃する。」と外国人の誰かが言っていなかったですか ?

cauお兄さん、今晩は。
そうです。それとハルノートを突き着けられたら、モナコのような小国でも反撃すると…ね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/711-4fd38d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
507位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。