2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那家畜人度合がアジア投資銀行で…

イオン岡田が焦っている

そりゃ、支那家畜人たる事を自負している政治家だから

お家の御為としゃかりきになるのは無理も無い

岡田は

G7分裂「大きな失態」=アジア投資銀で政府対応批判 …だ

そうだ

叩くなら

英独仏が目先の貿易利益で支那に縋がった事で

G7が分裂したので誹られるのは英独仏の方である

与党として売国内閣当時の行動を反省もせず未だに

見事な迄にあの孫崎亨と同じ事を言っている


支那人が 乞食のくせに 近頃は ゴロツキ紛いな脅し を事として

金貸し稼業 を始めようしている

それよりも

他人から借りた借金を返せ

金貸し稼業はそれからだ


次は高橋洋一氏の名言だ

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
中国主導の「AIIB」 参加は焦る必要ない

http://www.j-cast.com/2015/03/26231431.html?p=all

日本がアジアインフラ投資銀行(AIIB)へ参加すべきかどうか話題になっている。

AIIBは、中国主導の国際金融機関である。国際金融機関は、海外での活動において相手国政府との関係などで民間金融機関では情報収集がやりにくい分野で存在意義がある。また、単純に公的な金融活動であるとともに、一国の外交戦略の一環でもある。その意味で、各国の国益がぶつかり合う場でもある。

欧米主導のIMF・世銀体制への挑戦

AIIBは、BRICS開発銀行と並んで、欧米主導のIMF・世銀体制への挑戦と受け止められている。中国が両方とも主導している。特に、AIIBでは中国だけで出資の半分を占める予定であり、ガバナンスの点で大いに問題がある。

具体的にいえば、AIIBの融資について理事会の関与がほとんどない。極端な話かもしれないが、中国トップがある国へのインフラ投資を政治判断したら、AIIBはプロジェクトの採算性などを度外視して融資するようなものだ。

中国の国内システムは、金利の自由化すらまだ終了していない途上国並みのものだ。そのため預貸利ざやが大きく、収益がたっぷり確保されているので、与信審査も甘く、国内の不良債権は巨額にのぼっていると言われているが、十分な開示はなされていない。

AIIBは、そのような未熟な金融システムを国際版にまで拡大しようとしているかのようだ。今のままのガバナンスであったら、中国政治家主導による国際融資で不良債権の山ができそうである。

それにもかかわらず、英独仏伊が参加しようとするのは、あからさまな現実主義である。目先の中国の成長は魅力的であり、中国との関係で実利をあげようとしている。


中国がイギリスを狙った理由

しかも、中国の外交戦略は巧みだ。オバマ政権がレームダックになって一番弱体化しているときを見計らって、しかもアメリカと現在微妙な関係になっているイギリスを狙ってきた。オバマ大統領はチャーチルの植民地政策を批判していたので、イギリスの関係は従来ほど強固でないのも、見透かしていた。

イギリスは英連邦の盟主であり、イギリスを落とせば、オーストラリア、ニュージーランド、カナダはなびく可能性がある。イギリスのウィリアム王子が今月(2015年3月)訪中した段階で、勝負あった感じだ。アメリカは外交政策でどうやら失敗したようだ。

日本としては、AIIBのライバルであるアジア開発銀行(ADB)があるので、すぐにAIIBに参加とはいかない。ただし、長い目でみれば、AIIBには一切関与しないのも外交戦略上マイナスだ。

焦ることはない。中国には、国際金融業務のノウハウがないので、いずれアジアで実績のある日本に水面下では協力を求めてくるはずだ。オモテの政治とウラの実務を使い分けてくるのが中国のやり方だ。

日本は、実務への協力要請がきた後、AIIBの融資に理事会が実質的に関与できるかどうかを見極めてから、AIIBに参加したらいい。

融資案件を理事会で決定するという国際標準の仕組みがないまま、焦って参加したら、不良債権を押しつけられるだけになる可能性もある。
しかも、
AIIBが北朝鮮に融資するとなったら、どうしたらいいのか、よく考えておくべきだ



次はアカヒまでがこんな事を書いている

日本の中国離れ進む 政治だけでなく経済も冷ややか〈週刊朝日〉

少しは社内で反省し出したか

それともお可哀想そうに後で

御主人様にお叱りを受け兼ねないかな





スポンサーサイト

コメント

バスに乗り遅れて出発に遅れるほうが安全ですよね・・・不良債権押し付けられますきっと。見送り大いに歓迎ですね。
シナは碌なこと考えてませんし…係わったら最後えらい目にあわされますわよ。

桜は満開です。

今晩は、お姉さん
こちらも桜が満開です、日曜日まで散らずに持つかしら。

多少とも銀行を知っている人なら余程の事が無い限り此の機構(銀行)は
変だと思うでしょう。
イギリスはおこぼれに与ろうとしているのでしょう。
其の他の国々はおっかないお兄さんが奉加帳を回して来たので嫌々懐から金を出すのでしょう。

それよりもアジア開発銀行をもっと充実するのが先です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/732-52e7bf2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
356位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。