2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学への不当な介入だ?と

久々に活気ある支那人崇拝新聞の本領を読んだ気がする
今まで「従軍」慰安婦の嘘で劣勢だったが
ここぞとばかり吠え立てている

国旗国歌―大学への不当な介入だ
2015年4月11日(土)付
http://www.asahi.com/paper/editorial.html


「学問の自由」が保障されない社会に未来はない。 「大学の自治」 はそのための原則の一つである。

 ところが安倍首相は、国立大学の入学式や卒業式での国旗掲揚や国歌斉唱について、参院予算委員会で「正しく実施されるべきではないか」と述べた。

 下村文科相も「各大学で適切な対応がとられるよう要請したい」と語った。

 政府による大学への不当な介入と言うほかない。文科省は要請の方針を撤回すべきである。

 まず安倍首相である。国立大が「税金によって賄われていることに鑑みれば、教育基本法の方針にのっとって」実施されるべきだとの考えを示した。

 「基本法の方針」とは「我が国と郷土を愛する態度を養う」という目標を指したつもりだろう。だが、基本法は大学について「自主性、自律性が尊重されなければならない」と定めている。これを忘れてはいないか。

 カネを出しているのだから、政府の言うことに従えといわんばかりの論法は乱暴すぎる。国が補助金を出している私立大にも同じことを求めるのか。

 文科相は要請の根拠として、国旗・国歌法を挙げた。この法律が成立する際、政府は「国として強制や義務化をすることはない」と答弁したはずだ。

 なのに文科省は小中高校の学習指導要領に基づき、国旗と国歌を徹底するよう求め、実際に全国の学校での実施状況を調べた。各地の教育委員会も処分を掲げて締めつけを強めた。

 今回、文科省は国立大86校の卒業式や入学式を調べ、国旗掲揚や国歌斉唱を行ったのはどこかをつかんでいた。実態を調べていたこと自体、驚きだ。

 文科省は「大学に強制や指導はできない」として、国立大の学長が参加する 会議で要請することを 検討中だという。

 大学には当然、自主性を貫いてもらいたいが、足元には厳しい現実もある。国立大学は法人になっても、主な収入の柱を国の交付金に頼っている。

 そのうえ文科省は、国が用意した改革に取り組む度合いに応じて、交付金を配分する姿勢を強めている。今回の要請を拒めば、予算に響くと大学が心配しても不思議ではない。

 大学は国の言いなりに教育を行う機関ではない。政府の意向や社会の価値観など一切に縛られず、自由で多様な研究を深めてこそ学問の価値が保たれる。

 そんな敬意もなしに介入しようとする政権の姿勢は、大学の空気を一変させかねない。首相と文科相は猛省すべきである



>「学問の自由」が保障されない社会に未来はない。
>「大学の自治」はそのための原則の一つである。

おお、正に其の通り

では支那人様にもそう言ってみろ

怖くて言えまい

国旗国歌の実施要請が何で教育研究の妨げになるのだ

常識人の基本だろうが


個々の研究に取って

式典儀式や大学運営規制の際に国旗掲揚や国歌斉唱は

何も関係がない事である。


ではチャンコロ様に五星紅旗を掲げよと云われたそのように 『口答え』 するのか

馬鹿め

そのように批判するならあの朝日新聞社旗も廃したらどうか

薄ら馬鹿ヨボが

「戦犯旗を掲げてる支那人の家畜が何を言ってるニカ

と言うだろうよ



スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

バカヒはどこまでもバカヒですね。
大学の自治…学生運動の頃を思い出します。
日本中が学生の暴れ運動に辟易しました。
まだ学習してない…一生できない薄ら馬鹿脳ですね。

お姉さん、今晩は。

あの暴れ回った連中が大学の教授で管理者をやっている年齢です。
支那人が出席する学会で支那の国旗を揚げようと言われたら・・・はてさて、
連中は異議を称えるのでしょうか、ねえ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/736-ce48c92e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
507位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。