2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VWで鮮人が糠喜びするも、とうとう落胆

VW不正問題、韓国勢に追い風吹かず

VW没落で韓国大勝利』の計画が”凄まじく悲惨な結果”に至った模様。韓国人の卑しい本音だけが曝される

現代自動車にはどこの国の自動車メーカーが不祥事を起こそうと、そのおこぼれに預かることは 絶対に皆無 である

それにしても堀場製作所は見事
http://www.sankei.com/west/news/151003/wst1510030024-n1.html

これでドイツは余りにも打撃が大きいので
フォルクスワーゲン前CEO調査せず、ドイツ当局が発表修正
トホホホ
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20151001-00000062-biz_reut-nb


VWの排ガス不正を明らかにしたICCT「現代自動車は新基準の通過困難」
ハンギョレ新聞 9月26日(土)10時42分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00022054-hankyoreh-kr

「実験車両は窒素酸化物を多量排出、改善できなければヨーロッパから追放」

 フォルクスワーゲンの排出ガス不正操作の波紋が拡大する中で、2017年に導入されるさらに厳格な排出ガステストに現代自動車はボルボ、ルノーとともに通過が困難とする国際非営利団体の研究結果が出た。

 フォルクスワーゲンの排気ガス トリックを明らかにした国際清浄交通委員会(ICCT)が15日に発刊した白書「EURO6 乗用車の窒素酸化物抑制技術」によると、同委員会は「実験室ではなく実際の道路条件方式(RDE)で合計32台を調査した結果、ボルボ、ルノー、現代自動車の実験車両(各1種)が窒素酸化物を非常に多く排出した」と明らかにした。 委員会は続けて「現代自動車などが大気汚染物質である窒素酸化物抑制システムを改善しなければ、実際に道路上での排出ガス測定テストが適用されれば該当車両は基準を通過できず、ヨーロッパ連合(EU)市場から追い出されることになるだろう」と明らかにした。

 白書によれば、現代自動車の車両は、実際の道路条件方式のテストで窒素酸化物が基準値の6.9倍に達した。 ルノーは8.8倍、ボルボは14.6倍に達した。今月からヨーロッパ連合と国内で全面適用されたEURO6排出ガス基準上、窒素酸化物の許容値は80ミリグラム/キロメートル以下だ。今回の調査で現代自動車の実験車両は走行距離1キロあたり窒素酸化物553ミリグラムを排出した。

 現代自動車の調査対象車種は準大型クラスだとし、モデル名は公開されなかった。ただし、これら車両は現行の実験室条件での測定方式では全て排出ガス基準をかろうじてクリアーした。 現在、EURO6排出ガス測定方式は、実験室条件でなされており、2017年9月頃から実際の道路条件に基準が変わる予定だ。

 委員会はまた、窒素酸化物低減装置としてLNT(窒素酸化物低減触媒)よりSCR(選択的触媒還元装置)を装着した車両の方が窒素酸化物の排出量が少なかったと明らかにした。 調査対象となった現代自動車、ボルボ、ルノーの車両はすべてLNTが搭載されたモデルだ。 現代自動車は「実験室より環境が苛酷な道路で排出ガスが多く出るのは当然」として「2017年に強化されるユーロ排出ガス規制を充足できるようSCR装置を研究開発中」と説明した。
チョ・ケワン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )






スポンサーサイト

コメント

今日は。

秋らしいいいお天気です。

日本の技術の高さはダントツなのでしょうね。
堀場製作所も凄いですね。

日本車公害問題に取り組んで世界先端なのですね。

しかし欧州も出鱈目です…呆れます。

今日は。
良い天気の一日でした。

あのヨーロッパの出鱈目さには呆れます。
彼我が逆でだったら・・・・日本はどうなります?

完膚無きまでに叩きましょう。
ドイツ・フランス、いい加減にしろ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/814-e1a2eac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
507位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。