2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文民統制は文官統制ではない

  田久保先生の御説は全くその通りで政府要人や議員によく読んで貰いたいものである。

 
 特に
>「首相がリーダーシップを発揮するには、自衛隊の統合幕僚長と官房長官を従え、ヘリコプターから降りて災害地を一つ一つ見回るべきだ」との発言だ。
>制服と背広のトップを国民から選ばれた指導者が統率するという、民主主義国におけるシビリアン・コントロールの基本の型だ。
 
 ここは重要である。しかし一般の国民には単に「そうだ・そうだ」だけで終ってしまう事となろう。
 
 これを実現するには文民支配の誤解呪縛を解く必要がある。特に軍政面が全く言っていい程拙劣である。「文官支配」の状態を無知か故意か「文民支配」と称している事にその根本誤謬が有る。
 制服の地位を高めるのに身内で抵抗する勢力がある。即ち内局の文官である。「文民統制」を 「文官統制」と曲解し常に軍事組織が機能せぬように他国を刺激すないようになどと戯言を吐きながら50年以上に亘って作り上げて来たのであるから。
 無知か故意か、文官が防衛省内のあらゆる事に超越君臨する制度は、警察予備隊発足当時と変っていない。歩兵を普通科、砲兵を特科、士官将校を幹部、参謀を幕僚などと言うのは皆、これらの発露である。
 
 文官が武官に優越する特権を未だに手放そうとはしない。軍事に心得のある石破氏や全くの素人の北沢氏でも此処を無視無関心である。
 文官の最高地位を事務次官補代理程度までに下げる必要がある。
 
 護衛艦あたごの事故に於ける事務次官の右往左往振りは滑稽な程悲しい。抑も文官が任命されている事務次官が事故調査に介入権限を持っている方が元来異常である。
 今回の原発事故の際にも東電社長を一刻も早く東京の本社に行かせねばならないのに、文官は社長を輸送機から引き摺り降ろし航空幕僚長を経ずに航空隊に勝手に命令した。この命令を発した防衛省運用企画局長も運用企画局事態対処課長も自衛官でなく文官である事が本件の基本問題であり、間違いの根源である。こんな事は自衛官の佐官級が判断すれば済む事で間違う事は無かった筈であり、文官如きが航空隊司令に指示命令を発し得る風土慣習が大問題である。
 防衛省内局の「運用企画」などと言葉は柔かであるが、これは「作戦遂行実施計画」と言う意味で事実を隠蔽している。これらの局や課の長には全て文官が任命されている。こんなとんちんかんの事をやっている軍事組織が世界の何処にあろうか。
 
 本来文官がやるべき事は山ほどある。それをいい加減にし一見聞えのよいアイトソーシングなどと称して外部に委託してる。 又専門性の高い機器装置の発注は自分ではやらず無責任にも業者に丸投げでしている。また同様に経済や外交分析なども本来は文官の業務であるが、精通している事務官書記官がどれ程居ようか。
 
 今回の震災においても此の欠点は露呈されつつある。速やかに改める事を要するが、悲しいかな現内閣では無理であろう。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouta709.blog.fc2.com/tb.php/9-f06a7268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

湘太(shouta709)

Author:湘太(shouta709)
FC2ブログへようこそ!

コメントの投稿欄入口が見えない時には本文タイトル行クリックして下さい → 本文末後方に現れます。 


占領下に行われた憲法改正や教育変革は全ての負の部分が温存されて、現在の諸悪の根源となっております。
諸外国に対して右顧左眄せず毅然たる態度を政府が執るよう願って已みません。
そして保守本流、真正保守たる国家である事を願っております。
私へのメールは

shouta-2@hotmail.co.jp


どうぞ、宜しく御願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

政治・経済 (549)
経済・財政 (2)
社会 (26)
文化・科学・芸術・演芸・音楽 (33)
その他 (6)
未分類 (9)
指定なし (204)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
752位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
345位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。